2011年に始まったSamsungとAppleの特許侵害訴訟は、SamsungがAppleに対して賠償金を支払うという形でひとまずの決着を見せました。しかし、いくら払うべきなのかについては、未だに尾を引きずっています。

幕引きしたはずではなかったのか

Appleの特許を侵害したとして、2015年12月に5億4,800万ドル(約602億円)に上る賠償金の支払いをSmasungは認めました。しかし、このうち3億9,900万ドル(約439億円)については不当との訴えを後に起こしたことで、米最高裁判所が2016年12月に「Samsungが3億9,900万ドルをAppleに支払うべきだ」とする控訴裁判所の判決を退け、2017年10月には支払額の再審を命じた、という経緯があります。
 
今回、最高裁判所で問題となっているのは、3億9,900万ドルの賠償金が不当だとするならば、いくらが妥当なのかというテーマです。
 
Apple側は侵害された3つのデザイン特許「長方形型」「丸い角」「フロント側の黒ガラス」、そして2つの機能特許「タップしてズーム」「跳ね返るエフェクト」がスマートフォン全体に関連するものだと主張する一方、Samsung側は「スマートフォンが“賢い”のは、それを可能にする数十万もの技術を含んでいるからだ」とし、特許はあくまでもスマートフォンの一部に利用されているに過ぎない、と反駁しています。
 

中央がiPhone。左はiPhone登場前のSamsung端末、右がiPhone登場以後。


 
今後は陪審が「特許を侵害したと言える製品」がどれなのかを査定し、それにもとづいて賠償額を再計算するという流れになります。ともあれ、Samsungにとっては3億9,900万ドルよりも下回れば“朗報”となるでしょう。
 
以前、地方裁判所の判事が「自分が引退するまでこのネタを続けたくはない。我々みなのために幕引きを図りたい」と本音を吐露したことが話題となりましたが、一体この巨頭同士の争いはいつまで続くのでしょうか。
 
 
Source:USA TODAY,BBC,9to5Mac,REUTERS
(kihachi)