一般女性と入籍したことを明かした元CHA-CHAの木野正人

写真拡大

 元CHA-CHAのメンバーで、田原俊彦『抱きしめてTONIGHT』のバックダンサーとしても活躍したダンスパフォーマー兼振付師の木野正人(49)が5月4日、一般女性(46)と入籍した。13日にはファンクラブを通じて、ファンに報告。49歳で初婚となる木野に心境を聞いた。

「彼女は、専門学校生と高校1年生の2人の子持ちです。8年前に離婚して、それから女手一つで育ててきました。今回、2人が進学するタイミングに合わせて、4月から僕の故郷の静岡で両親も含めた6人で暮らしています」

 もともとの出会いは、木野がアメリカへのダンス留学から帰国した1993年だった。

「当時は集団で2〜3回会った程度で、2人で会うことはありませんでした。感じの良い女性だなとは思っていましたが、彼女には付き合っている男性がいましたし、アプローチすることはなかった。その後、彼女が結婚したという噂は聞いていましたが、特にすれ違うこともなかった」

 離れていた縁を結んだのは、東京・広尾の飲食店『韓屋』で店長を務める元CHA-CHAの西尾拓美さん(50)だった。

「4年前の2014年、彼女が拓美の店に行った時、僕の話になったらしいんですね。その直後、拓美の店で僕がファンクラブイベントをした時、『このまえ、あのコが店に来たよ』と拓美が教えてくれたんです。その時に離婚していたことも知った。拓美を通じて連絡先を教えたら、僕の誕生日に電話をくれたんです」

 程なくして交際が始まり、今回の結婚に至った。

「物事に対する感じ方が近い。たとえば、飲食店で食事をしていて、『店員さんのあの気遣いが嬉しかったね』というような有難いと思える気持ちが同じでした」

 再婚は子供にとっても、母親にとってもセンシティブな問題だろう。

「子供がどう受け止めてくれるか、最も考えました。でも、彼女が結婚すると言ったら、子供たちはすぐ『おめでとう!』と祝福してくれた。最近は時間が合えば、車で部活の送り迎えもしています。『明日朝早く行かなきゃいけないから送って行ってくれない?』と本人が直接、聞いてくれるのですごく嬉しいです。

 彼女を大事にすることは子供を大事にすることですし、子供を大事にすることは彼女を大事にすること。結婚は、彼女や子供の歴史とも結婚するということ。しっかり責任を持って一緒に暮らしていきたいです」