こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。より豊かで感受性あふれる美しい生き方をするには、やはり「お金を手にしていく」ということはとても大切なこと。

なぜなら、お金があることで私たちはさまざまな経験や感動も、同時に手に入れることができるからです。素晴らしい自然の中の旅も、美しい花を育てることも、それは等価交換するための資産があってこそ。

そのために、自分の価値を認めてどんどん豊かさを手にしていくことは、決して悪いことでもがめついことでもありません。むしろあなたは、あなたの才能や価値を認めて、もっともっと豊かになるにふさわしい人なのです。

今回は、よりお金を手にして豊かになっていくための3つのマインドテクニックをお伝えさせていただきますね。

今もし豊かでないなら、あなたがあなたを認めてないから

もしも今、あなたが自分が望むような美しく豊かな生活に至っていなかったとしたら、それはあなたが自己価値を認めていないから。

豊かさ=お金を手にするとは、あなたが「私はこれだけの価値がある!」と思えていて、その才能を発揮し、それを相手が適切に評価してくれること。

そのためには、まず、あなたがあなたの価値=私ができていること・貢献していることを認めなければなりません。

私は雰囲気をよくしている、これだけ人の興味を引く企画を立てることができる、あの人が出来ないことをフォローしている……。こんなふうに、自分が出来ていることで、それが「その場・相手・その仕事という歯車」の中で、どれくらい重要なことかを、しっかりと自己認識してあげることが大切です。

私たちのマインドは、「自分が認めなければ、それはないもの」として扱われる性質を持っています。せっかく貢献したり、努力して他人を豊かにしていたとしても、「どうせ私なんて何もできていない」と思ってしまえば、それがあなたの評価につながってしまうのです。

あなたを不当に扱う人は?自己価値と周囲のバランスを考えて

その時に大切なことが、あなたはせっかく頑張っているのに、それをちゃんと評価してくれる人以外の人と関わっていないかどうか?ということなんですね。

豊かさとは、必ず人との評価の中で生まれます。価値があると認めた人が、それにふさわしいと思う金額を払い、そこでお金と与えたモノとの等価交換が初めて生まれるのです。

そこでは、もちろん自分自身が自分のしていることの価値を適切に認めていくことも大切ですが、「相手がしっかりとあなたの価値を認めて、あなたにふさわしい額を払ってくれているか?」を考えることもとても大切なこと。

もし、相手があまりにあなたを安く見積もっているのならば、その人から離れない限り、あなたの価値が生み出されることはありません。同様に、あなた自身が相手の価値を見誤っていないか?を見極めることも大切なこと。

必要以上に支払ってしまっていませんか?あなたがその人に支払っている価値=お金は、適切ですか?支出と手に入れる額の評価バランスを見直すこと。それが豊かな人生につながっていきます。

豊かさを手に入れるのに罪悪感は必要ない。

こうして豊かになることを決め、生き方を変えていくと、そこにある感情が生まれます。罪悪感です。豊かに生きている人に対して、それができない・禁じている人ほど、嫉妬や羨望で接するからです。

そして、生き方を変えられない・自己価値を感じられない人ほど、その反対に自己価値を感じながら生きている人に対して、「私はできないのになぜ?」と、思わず黒い感情を抱いてしまうのですね。

そんなとき、マウンティングやちくりとした嫌味などを感じるかもしれません。けれど、それは不要なモノ。その人達と同じでなければならない。その人達から離れて自分だけが豊かになってはいけない。

そんな帰属意識を感じる必要はなく、「私と同じように価値を感じている人と同じ世界で生きていきたい」と、人間関係も断捨離してしまいましょう。

こうしてあなたがひとつひとつ、自分と向き合い直すだけで、あなたの価値にふさわしい人・それに伴った評価、そしてお金という豊かさが手に入ります。

お金は悪いモノではありません。それを使うあなた次第であり、お金があることであなたの人生はもっと素晴らしい経験も感受性も感じられるようになるのです。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む