14日、重慶からチベット自治区ラサに向かった中国・四川航空3U8633便が故障のため四川省成都に緊急着陸した。

写真拡大

2018年5月14日、重慶からチベット自治区ラサに向かった中国・四川航空3U8633便が故障のため四川省成都に緊急着陸した。米華字メディア・多維新聞が伝えた。

【その他の写真】

中国民用航空西南地区管理局の発表によると、機体は操縦室のガラスが割れて脱落するトラブルに見舞われたという。記事は機内がパニックになった様子を伝えており、ある乗客は「機体が揺れて酸素マスクが突然降りてきた。もう駄目だと思った」と当時の状況を振り返っている。(翻訳・編集/野谷)