5月9日発売の『週刊少年サンデー』24号(小学館)で、『名探偵コナン』の人気キャラクター・安室透を主人公に描くスピンオフ作品『ゼロの日常(ティータイム)』が連載スタート。あまりの人気ぶりに、全国の書店で同誌24号の完売・品薄状態が相次いだ。

【関連記事】少年サンデー』売り切れ報告が続出! 『名探偵コナン』安室透スピンオフ作品の効果で「どこにも売ってない」
http://getnews.jp/archives/2042959

そんな中、創業90年以上を誇る高知市の印章店『はんの吉本三星堂‏』(@y_sanseido)のとあるツイートが話題となっている。

「最近降谷のハンコが沢山売れて恐くなっていたはんこ屋の者です」という同アカウントによると、「降谷」姓のハンコの注文が今年5月頃から急増したとのこと。「『降谷』はかなり珍しい名字で、全国に30人ほどしかいません。にも関わらず毎日『鈴木』や『佐藤』よりも売れてる異常現象が起きています…」と困惑の様子。

関連のツイートには「#安室透」「#降谷零」「#名探偵コナン」のハッシュタグが。

『名探偵コナン』に登場する安室透は、私立探偵、黒ずくめの組織、公安警察というトリプルフェイスを使いこなす謎多きキャラクター。その本名が「降谷零(ふるやれい)」で、彼のファンがハンコを買い求めているのだと推測される。はてさて、そのハンコをどんな用途に使っているのか。

『はんの吉本三星堂‏』ではその人気ぶりにあやかり、様々な書体やインキ色で「降谷」のハンコが注文できる専用フォームを設けてしまったそうだ。ちなみに、注文の8割以上が「れい書体」とのこと。その理由は小五郎のおっちゃんでもすぐに分かるだろう。真実は、いつもひとつっ!!!!!

※画像は『Twitter』より引用

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』