身近な相手に対して「もしかして、私のことを好きになってる?」と感じたことはありませんか?

同僚であったりプライベートで会う友人であったり、ずっと仲の良い男性。恋愛感情はないと思っていたけど、最近彼の様子が変わってきた気がする……。友情が愛情へ発展するとき、気持ちの変化はどこか行動に現れます。男性がこれまでとは違う接し方をしてきたら、それは好きになったサインかもしれません。

ただ、なかなか女性側が気付きにくいときもあります。そこで今回は、男性が女友達に好意を持ったとき、実際にどんなアピールをするのかをご紹介しましょう。

ほかの男友達との関係を知りたがる

「ずっと仲の良かった同い年の同僚を意識するようになったら、急にその子の周りの男たちが気になり始めた。だって俺以外の男と仲良くしてほしくないじゃん?」(32歳/企画)

まず、わかりやすいのがほかの男性との関係を気にすることです。

これまではあなたが誰と一緒にいようが特に口を出す様子はなかったのに、「週末は買い物に行くの」と言えば「誰と?」と相手を知りたがる。自分の知らない男友達が一緒だとわかると「よく会うの?」など距離の近さを気にする。

自分以外の男性と過ごすことがわかって、良い気分はしないんだけど素直に気持ちを出せない人は、「ふーん」とか「良かったね」など皮肉っぽい響きを込めて返すことがあります。
「何でそんな言い方をするの」とカチンとくるかもしれませんが、何とも思っていないなら、あなたが誰とどこへ出かけようが普通に「楽しんでこいよ」など言えるはずです。

今までは、あなたに自分以外の男友達がいることを受け入れていましたが、恋愛感情を持つとその事実が苦しくなります。「自分より近いヤツがいたらどうしよう」など、ほかの男性に持っていかれるのが怖いのですね。

かといって友人という立場なら「行くなよ」と本音を言うこともできません。そんな葛藤を抱える様子が見えたら、友情以上の気持ちが芽生えたサインの可能性が高いです。

以前より一緒に過ごしたがる

「今までも一緒にいる時間は多かったけど、好きになったらもっと会いたくなる。俺のことも好きになって欲しいから、誘う回数が増えました」(28歳/営業)

好きな人とはいつも一緒にいたいもの。それは男性も同じです。友達なら、何でもないことでもすぐに会う約束ができますが、好きになればさらに関心があなたに向くため誘われることが多くなります。

ただの女友達と思っていた頃と違うのは、「ほかの男と過ごされるのがイヤ」という声もあるように、独占欲が生まれること。自分を優先してほしいという気持ちの現れでもありますね。

一方で、「今までは普通に会えていたけど、好きなんだとわかったら意識してしまって誘いにくくなる」男性もいるようです。改めて女性として見てしまうので、これまではなかった恥ずかしさを感じるのですね。

連絡の頻度が増えた、または逆にスムーズに会えなくなった。こんな変化が見えたら、あなたを好きな人と認識している証拠かも……。

過去の失恋など、恋愛の話をするようになる

「以前、友達を好きになったときは、昔の失恋とかを打ち明けましたね。恋愛の話って男同士ではあまりしないし、女性なら好きになった人としか話さないかも」(34歳/配送)

気軽に恋バナを楽しめる女性と違い、恋愛の話は男性にとってデリケートなものです。
過去にどんな人を好きになったか、どんなお付き合いをしてきたかなど、ほかの人に知られるのは恥ずかしいと感じるのが男性の心理。特に失恋のようにかっこ悪い内容は避けたがるでしょう。
それをあえて打ち明けるのは、あなたに自分の恋愛観を知ってほしいから。また、自分の話をすることであなたの過去も聞かせてもらいたいという気持ちがあります。

好きになれば、交際も考えますよね。友達として見ていた頃は気にならなかった恋愛観も、いざ恋愛感情が芽生えれば知りたいと思います。昔はしなかった恋バナが増えたな、というときは、あなたを女性として意識している可能性を考えましょう。

プレゼントを贈られる

「自分でもわかりやすいと思ったのが、プレゼントが増えたときだった。喜ぶ顔が見たくてつい用意してしまう。会うきっかけも作れるしね」(30歳/看護師)

多かったのがこちらの声。これまでもジュースをおごったり誕生日にささやかなプレゼントを用意したりすることはあったけど、好きになれば贈りたいと思う自分の気持ちをはっきり意識するようになるのですね。

「好きだと言っていたパン屋で手土産を買う」「読みたいと聞いていた本を貸す」など、大げさでなくてもあなたのために尽くしたいと動いてしまうのは、喜んでほしい純粋な思いがあるからです。

また、あなたの好きなものをよく把握しているのも、会話の内容に集中している証拠。好きな人の情報は誰だってしっかり知っておきたいですよね。あなたの好きなものを贈ることで、会う口実にもなるしふたりの会話も増えます。もっと距離を縮めたいという願いが込められているのかもしれません。

あなたの好みを知ってくれている、喜ぶものをプレゼントしてくれるときは、好きな人の笑顔が見たい男性の気持ちがあることを、忘れないでくださいね。

もしかして、あなたのことが好きなのかも?

ほかにも、「ふたりで食事に行くお店を彼女の好みに合わせるようになった」「ふたりで会うときの服装に気を使うようになった」など、いろいろな変化が男性には起こります。

それらはすべてあなたに良い印象を持ってほしいから。これまでの友達関係から抜け出すために、努力しようと思うのですね。

女友達を好きになったとき、行動の底には特別感があります。あなたは俺にとって特別な人、という扱いを見せることが、最大のアピールだと思いましょう!