今や婚活女子の必須アプリともいわれているマッチングアプリを使った事はありますか?


出典: https://www.shutterstock.com

世代的に男女の出会いは合コンがメインだった筆者ですが、まわりにアプリで知り合って「結婚した!」なんて報告もあり、気になって人気のアプリに登録し、体験してみましたので、その結果をレポートします。

試したアプリは『ペアーズ』『Omiai』『ティンダー』と、いずれもFacebookと連携しているため、はじめるハードルも低めです。

 

■ガチ度は高め

先んじて『ペアーズ』の体験記を報告しましたが、今回は筆者の友人も2人結婚しており、マッチングアプリの中でも婚活に対する本気度が高めといわれる『Omiai』の体験レポを紹介します。

“お見合い”と名の付く通り、登録男性をみるだけで、婚活に対するガチ(本気)度が高い事が分かりました。

なぜって?

・自己紹介のコメントがガチ

「末永くお付き合いできる人を探しています」や「結婚を前提に……」等々

・年齢がガチ

20代は少なめで30代以上が多く、他2つのアプリと比較しても40・50代が多い。(中には60代以上も!)

・写真がガチ

キメ顔の詐欺ショットが多かった他2つのアプリと比較すると、自然体で加工なしと思われる写真が多く。恐らく末永いお付き合いをしていきたいため、最初から自分をさらけ出そうとしている……!? のかなと思われます。

 

■イケメンハイスペは激戦区

というワケで、婚活相手にピッタリな結婚願望高めの人たちがたくさん登録している『Omiai』ですが、もちろん誰でもいいってワケではないですよね。ちゃんとハイスペのイケメンがいるのかどうか気になるところです。

結論から言いますと、ハイスペイケメンはいます!

が、そうでない人と比べると、絶対数が格段に少なく、女子からのオファー(いいね)をもらいまくっており、非常に激戦区です。

肌感でいうと20人に1人くらいの割合でしょうか。合コンを何度もするより効率的かもしれませんが(笑)。

ハイスペイケメンとマッチングするコツとしては、「写真を分からない程度に加工」「ガツガツしない(メッセージを送り過ぎない)」「写真はいくつかのパターンを登録」でしょうか。

友人や他受け売り等も参考にしましたが、上記の3つが1番効果が高いと感じました。

さて、実際に会った人がどうだったかというと……?

 

■会った人たちは?

・税理士(31歳)

さわやか系で感じの良い人でしたが、前の彼女もマッチングアプリで知り合った人らしく、アプリは使い倒している模様。

悪くないというか、案件としてはむしろ好条件の人でしたが、アプリ初心者の筆者としては、慣れてる感に引いてしまった事は否めません。

・経営者(40歳)

高身長で、なかなかのイケメンでしたが超仕事人間らしく、結婚したいのに出会いもないから登録したとの事でした。

しかし、仕事人間だけに、無趣味で話題も乏しく……話が全然盛り上がりませんでした、残念!

・メーカー(41歳)

プロフ加工疑惑で、写真より老けて見えました。バツイチで婚活にはかなり前向きな様子でしたが、加工疑惑でテンション下がってしまった事と、話も合わず残念!

……と、他アプリと比較すると、婚活にかなり前向きな人が多かったです。

しかし、プロフを吟味してメッセージのやり取りをして、実際に会ってみると……それはそれで、なかなかピッタリくる人はいないのですが、それはもうフィーリングなので、致し方ない部分かと。

ちなみに(恐らく)男性の登録数も他アプリと比較すると多いからなのか、オファーがものすごく多いです。

ただ、“よりどりみどり”ではあるものの、選びたい男性がいるかはまた話は別です(笑)。

 

というワケで、今回紹介した『Omiai』は他アプリと比較して、ガチ婚活に使う男性が多そうなので、ガチ婚活したい女子には良いかもしれません。

人気が集中するハイスペイケメンとマッチングするのは、少し難しいかもしれませんが、ぜひ「ちょい加工」「ガツガツしない」「写真はいくつか登録」を試してみてください。きっと良い成果があるはずです。

【画像】

※ SunKids/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】