F-2後継機問題が大きく話題になった昨今ですが、これにYF-23を推す声が少なからず見られるようです。かつてYF-22との正式採用争いに敗れたほうの試作機を推す声があるのには、もちろんそれなりの理由があります。

百家争鳴F-2後継機問題、YF-23の再登板は…?

 2018年4月、航空自衛隊のF-2後継機計画において、アメリカのロッキード・マーチン社が同社製のF-22「ラプター」にF-35「ライトニングII」のシステムを搭載すると思われる、「ハイブリッド戦闘機」案を打診したことが話題となりました。最高の飛行性能と搭載力を持つF-22に、情報処理能力にかけては他の追随を許さないF-35の能力を持たせるとあって、SNSなどにおいては大きな話題となったようです。


YF-23の2号機、通称「グレイゴースト」。水平尾翼と垂直尾翼を兼ね備えたV尾翼であることも、F-22との大きな違い(関 賢太郎撮影)。

 こうしたなかにあって「どうせ新型機を開発するならば、ATF(アメリカ空軍先進戦術戦闘機)計画においてF-22の原型機YF-22との競争に敗北したノースロップ社製のYF-23『ブラック・ウイドゥII』を原型としてはどうだろうか」という持論を投稿する人が、少なからずいたようです。

 YF-23とはどのような飛行機だったのでしょうか。実はこのYF-23、ATF計画においてYF-22に敗北したとはいえその性能たるやすさまじく、数多くの評価項目においてYF-22を上回っていたとも言われます。

 特にステルス性においては明らかにYF-22よりも一歩進んだ高い水準に挑んでおり、複雑な曲線をもったその機体シルエットは比較的直線部の多いYF-22どころか、F-35さえ凌駕する近未来的な優美さを醸し出しています。

 もちろんレーダーへの露出は複雑な計算を必要とするため、実際はただ見た目だけで判断することはできませんが、一方でエンジンの搭載方法についてはYF-23のステルス重視の姿勢が明確に表れています。

YF-23とYF-22、明暗をわけたポイントは?

 YF-23、YF-22は、ともに同じエンジンを搭載していました。そしてこのエンジンには「二次元推力偏向装置」が取り付けられていました。推力偏向装置とはその名の通り排気方向を直接上下させることによって機動性を高めるために用いられる機構です。


赤外線に対するステルスを実現する冷却デッキは無数の穴が開いた黒色の耐熱タイルで覆われており、穴からは冷気が噴き出す(関 賢太郎撮影)。

 ところがYF-23ではこの推力偏向装置を意図的に使えないようにしてしまいました。YF-23の排気口回りには高温の排気が直接赤外線捜索追尾装置に観測されないよう「冷却デッキ」が設置されており、その代償として推力偏向装置が使えなくなってしまっているのです。

 二次元推力偏向装置を使えるYF-22と、徹底したステルス性を追求したYF-23の冷却デッキは、両機の性格の違いを如実に表す最大の相違点であると言えます。

 それでは推力偏向装置を使えないYF-23は機動性に問題が生じなかったのかと疑問に思われる方もおられることでしょう。実際はそうでもなかったようです。YF-22やYF-23は「スーパークルーズ(超音速巡航)」能力をもち、実際ATF計画においても高い速度での機動性が要求されました。そしてこういった状況では空力舵面が十分機能し、特に高速度での機動性はYF-23が上回っていたとされます。

 推力偏向装置が最大のパフォーマンスを発揮する状況は、実はあまり実戦的ではないエアショーなどの出し物で行われる超低速でのアクロバットです。エアショーにおいてF-22は超低速でとてつもない動きを披露しています。YF-23が実用化されていたならばこうした機動はできなかったであろうことは間違いないところです。

 ステルス性はYF-23が上、実戦的な機動性もYF-23が上。ではなぜYF-23は負けYF-22は勝利したのでしょうか。その理由は公開されていません。皮肉なことに2018年現在はF-22そしてF-35もモノにしたロッキード・マーチン社のひとり勝ちとも言える状況にありますが、当時ロッキード社は自社の戦闘機が何もありませんでした。ゆえにノースロップ社では「勝負には勝っていたがロッキード社を救済するために敗北した」と見なしているようです。

それでもYF-23に再登板の目はないと結論づけられるワケ

 YF-23は高性能を実証しましたが、あくまでもそれ自体はATF計画において開発された「実証機」に過ぎません。一見未来的に見えるその機体も、実はその内部はF-15の前脚を流用していたり、F/A-18やF-16の油圧装置、果ては実用化されずに終わったF-20の発電機まで流用したりしており、数々の「臓器提供者」に支えられていました。これはYF-22も同じでありF-22として実用化された機体は別物です。

 そのためいまYF-23を持ち出してこれを原型にすることは、新しい機体を設計するのと同義です。YF-23をハイブリッド戦闘機の母体とするメリットは何もなく、実現する可能性は限りなくゼロと言って良いでしょう。


推力偏向装置付きF119エンジン最大推力で急上昇するF-22。エンジンノズル周囲からYF-23とYF-22の思想の違いを見て取れる(関 賢太郎撮影)。

 現在ではアメリカのあとを追うように各国でもステルス機が開発されていますが、これらの機種はどちらかというとF-22に似ています。もしYF-23がF-23として実用化されていたならば、F-23似となっていたかもしれません。またF-23ハイブリッド戦闘機案の提案もあり得たでしょう。

 ほんのわずかな運命の違いで最強戦闘機になり損ねたYF-23は2機が製造されました。世界最大の航空博物館として知られるオハイオ州のアメリカ空軍博物館に1号機「スパイダー」が、そして2号機「グレイゴースト」はカリフォルニア州の西部航空博物館において翼を休めています。

 特に後者は日本人利用者の多いロサンゼルス国際空港から車やタクシーで20分程度の位置にあります。旅行かなにかのついでにアメリカへ行く機会があったならば、気軽に「あり得た最強戦闘機」を楽しみに行くのも一興なのではないでしょうか。

【写真】F-35に負けたほう、X-32はさらにずんぐりむっくり


国立米空軍博物館にて、奥から2番目がボーイングのX-32。最奥にYF-23の1号機「スパイダー」、手前はT-46。いずれも制式採用されなかった3機(画像:アメリカ空軍)。