<ほけんの窓口レディース 最終日◇13日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,292ヤード・パー72)>
昨年9月に頸椎椎間板ヘルニアを発症し、ツアーから遠ざかっていた大山志保。復帰戦となった「ほけんの窓口レディース」の3日間54ホールをトータルイーブンパーで完走し、「ずっと試合に出ていた時の気持ちで、今日はプレーができました」と笑顔を見せた。
【LIVE写真】雨中の決戦 最終日の模様を現地から生配信
この日は曇天でのスタート。後半からは強い雨も降ったが「背中の痛みはなくできました」と怪我の影響はなくラウンド。最後は残り94ヤードから52度のウェッジで1mにつけてバーディフィニッシュ。「絶対バーディを獲りたいと思っていた」と良い形で復帰戦を締めくくった。
怪我から復帰して3ラウンド目。ゴルフができる喜び以外にも、「3パットしたりして悔しい気持ちもでてきた。これは収穫だと思います。出られて良かっただけでは終われない。そういう気持ちになれたのは良かった」。大山らしい熱い闘争心が沸き立ってきたことは、復活へのネクストステージに足を踏み入れたことを意味する。
「次の目標は復活優勝ですが、そんなに甘くないことも分かっています。ただ、アイアンの距離感や決め切れないパットを調整すれば、去年よりもいいプレーができると思います」とプレー内容にも手応えを掴んだ40歳。「私のゴルフはこれからです」と結んだ。(文・秋田義和)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

いよいよ最終日がスタート 「日本プロゴルフ選手権」のスコア速報
「日本プロゴルフ選手権」 最終日のホールバイホール
【LIVE写真】日本プロ最終日の撮れたてライブフォトギャラリー
2018年サロンパスカップで調査!出場プロの使用パター調べました
タイガー・ウッズが猛チャージ「ザ・プレーヤーズ選手権」3日目の結果