結婚願望があまりない彼に対して、「本気で将来のことを考えてくれているの……?」とやきもきしたことはありませんか?

そんな彼にも、徐々に結婚を意識させることができれば、やがて気持ちに変化が訪れるかもしれません。


出典: https://www.shutterstock.com

そこで今回は、“結婚願望があまりない彼”に結婚を意識させるテクをご紹介いたします。

 

■「周囲の人たち」を味方につける

周りから少しずつ固めていくというのは、結婚をするための常套手段のひとつです。周囲の友人たちから「お似合いだね!」などと言われたら、彼も結婚への意識が芽生え始めるかもしれません。

また、結婚はふたりだけの問題ではなく、お互いの家族同士のつながりも重要です。あなたが彼の両親と仲良くしたり、逆に自分の両親と彼が接する機会が増えたりするうちに、自然と“結婚”や“家族”というものを考えるようになるでしょう。

 

■「結婚への意思」をちゃんと示す

“結婚したい”というあなたの意思を、きちんと彼氏に示しておくようにしましょう。そこをあいまいにしてしまうと、彼の結婚へのスイッチも入りにくいでしょうし、「すぐにしたいというわけではなさそうだし、急ぐことはないか」と後回しにされてしまうかもしれません。

そのため「30歳までには結婚したい」「結婚できる可能性がないのなら、別れも考える」といった思いを、きちんと伝えておきましょう。ただ、あまり頻繁に急かすようなことを言うのは彼の重荷になってしまう可能性があるので、“ここぞ”というときに、真剣な態度で言うことが重要ですよ。

 

■さりげなく「結婚のメリット」を話す

男性の中には、“結婚すると自由が一切なくなる”とか“使えるお金がかなり少なくなる”など、結婚に対してマイナスなイメージを持っている人が少なくないようです。だからこそ、そんなマイナス面ばかりが目についてしまうと、どうしても結婚に踏み切れないと思ってしまうのでしょう。

そんな時は、“お互いに支え合える”“家族を持つことで仕事も頑張れる”といった結婚のメリットを伝えてあげるといいでしょう。少しは彼の結婚へのイメージが変わるかもしれません。

 

■「ずっと一緒にいたい」と告げる

彼女から「ずっと一緒にいたい」と言ってもらえたら、男性も素直にうれしいでしょうし、「俺だって一緒にいたい」という思いにもなるもの。そしてそれは、男性にとっても結婚を意識し始める瞬間であると言えるでしょう。

時にはふたりの将来の話をしてみたり、いつまでも一緒にいたいという気持ちをそれとなく伝えたりしてみては。彼女の一途な想いを再確認することで、彼としても「俺にはこの子しかいない」という感情が強まるはずですよ。

 

“結婚したいアピール”を頻繁にしすぎると重たいと思われてしまうかもしれませんが、彼に少しずつ結婚を意識させるのは重要なことです。特に、結婚願望があまりない彼に対しては、時に自分の意思も見せないと、ダラダラと時間だけが過ぎてしまう可能性もあるので注意しましょう。

【画像】

※ Breslavtsev Oleg/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】