ウェブ・シンプソンが「63」をマークして単独トップ(Photo by Sam Greenwood/Getty Images)(撮影:GettyImages)

写真拡大

ポンテ・ヴェドラ・ビーチ、フロリダー水曜日の夜、ウェブ・シンプソンを夕食に迎えたジム・フューリックはメニューにジャック・ニクラウス・アイスクリームを用意していた。
「ジャックは実際にはいなかったけど、僕たちと一緒にいるようだったよ」シンプソンは後日こう言った。
【写真】PGAツアー帰りの石川遼参戦の日本プロから写真を配信
ニクラウスはTPCソーグラスに来ていないが、シンプソンは金曜日、ザ・プレーヤーズチャンピオンシップで彼のような素晴らしいプレーを見せた。全米オープンのチャンピオンでもある彼はスタジアムコースで2日目、過去の大会記録に並ぶ「63」をマークし強さを見せつけた。結果、他の強豪選手を寄せつけず決勝ラウンドを明日から迎えることになる。
「大きな大会で戦う時、できるだけ集中するけど、ある時、今日だったら13番で突然子供のように笑ってしまいたくなるんだ」シンプソンは語った。「何をしても全てが上手くいっている。僕は簡単なゴルフコースで子供の時プレーして育ったんだ。だからホームコースで低いスコアを出していた頃を思い出したよ」
シンプソンは他5選手と首位に並んで2日目を迎えたが、9アンダーを過去に出した6選手に名前を連ねた。最近では2016年のジェイソン・デイ、コルト・ノストが9アンダーを記録している。現在、2ラウンド終えて15アンダーは記録タイとし、この記録もデイに並んでいる。おそらく、重要なのは、10アンダーで並ぶシャール・シュワルツェル、パトリック・カントレー、ダニー・リーに5打差という記録的な差をつけて週末を迎えることだろう。
「1打差より5打差のほうが良いね。楽しむよ」FedExCupランキング36位で今週を迎えたシンプソンは言った。「少し違うメンタリティだね。特に日曜日。明日は守りのゴルフはしないね。コースに出て、1番で良いドライバーショットを打って同じゲームプランでいきたいね。守りにはいるとしたら最後の2、3ホールかな」
一方、日本のスター選手、松山英樹と小平智は予選落ち。小平は木曜日に2オーバー「74」をマークし金曜日も1オーバー「73」としイーブンパーにも届かなかった。後半7ホール、小平は4バーディー、1イーグルを出したが、前半9ホールで4つのボギー、14番でダブルボギー、そしてさらに15番でもボギーを叩いてしまい惜しくもオーバーパーで終えた。
松山は3アンダー「69」と素晴らしいスコアをマークしたものの、初日の7オーバー「79」という彼にとって今シーズンワーストスコアが影響し挽回することができなかった。PGA TOUR 5度のチャンピオンに輝いている松山は13番と16番でボギーを叩くまでイーブンパーとしていたが、難関の17番ホールで5ボギーとし崩れてしまった。
世界ランク9位の松山は決勝ラウンドに食い込もうと金曜日ベストを尽くした。前半9ホールで4つのバーディーを取ったものの、2日目は低いスコアが目立ったため1アンダーというカットラインには届かなかった。
シンプソンは巧妙なパッティングのおかげもあり、初めから輝きを放っていた。2番ホールでは33フィートのイーグルパットを沈め、折り返しまでにそこからさらに3つのバーディーをきめ、彼のキャリアで最高のラウンドを見せた。32歳のシンプソンは自己ベストを記録し、11番から16番まで6連続バーディーという大会記録タイをマークした。15番ではグリーン手前から27フィートのパットをいとも簡単に沈めた。最近では2014年にK・J・チョイが、他にも8選手がこの記録を成し遂げている。
ただ、有名な17番のアイランドホールでシンプソンにトラブルが発生。ティーショットが池に入ってしまい不運にもダブルボギーとしてしまった。誰もが望む「59」というスコアには手が届かなかったが、シンプソンは首位で土曜日を迎えることに満足していることだろう。
シンプソンはプレーヤーズチャンピオンシップで2位に3打差以上つけて決勝ラウンドに臨む4人目の選手となる。その歴史の中で過去3人は最終日に優勝を手にしている。デイは2016年に4打差をつけて優勝。一方、1979年にはラニー・ワドキンスが、そして1994年にはグッレグ・ノーマンがそれぞれ3打差のリードから優勝している。(提供/PGA TOUR)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【LIVEフォト】女子ツアーほけんの窓口レディースからも写真を現地配信
女子プロ写真館はオフショットも満載