大型ルーキー2人にとって上田桃子の凄みを感じるラウンドとなった(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ほけんの窓口レディース 2日目◇12日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,292ヤード・パー72)>
「ほけんの窓口レディース」初日に松田鈴英と小祝さくらのルーキー2人は、ツアー通算13勝の上田桃子と同組に。上田はホールアウト後、「3人で10スコアを伸ばそうと話していて、実際にみんなで伸ばしていくことができました。いい組み合わせだったと思います」と話したが、ルーキー2人は大先輩のことをどう見たのか。
【LIVE写真】ほけんの窓口レディース 2日目の熱戦もライブフォト配信中!
「とにかくかっこ良すぎて。ファンの方に対する態度であったりとか、やっぱりすごいな、と思いました」と話すプロテストトップ合格の松田は、上田のすごさとして集中力を挙げた。「特にパーパットの真剣さがすごいですね。時間をかけて、しっかりと決めてくる。できる限り真似をしたい。そう思いました」。1打たりとも雑にしない。そこに自分との違いを感じた。
上田と同じ辻村明志コーチに師事している小祝は、いつも一緒に練習ラウンドを行っている。だが、試合で回るのは初めてで「練習ラウンドとは違う雰囲気を感じました。凄みといいますか。一緒に回れて楽しかったです」。そんな小祝が間近で感じたレベルの差がショートゲーム。「100ヤード以内からの安定感が私と違います。たとえ自分のほうがいいライだなと思っていても、桃子さんのほうが寄っていました。まだまだ力が足りないなと感じましたね」。
そんな2人に対し、上田は「さくらちゃんはいつも見ていて、いいショットを打つ選手だと知っています。見ていて気持ちよかったですね。松田さんもナイスショットを打っていました。いい選手だと思います」と賛辞を送った。自らの課題を発見できたこと。そして自分の強みを大先輩が褒めてくれたこと。これらは今後への自信となったはずだ。ルーキー2人にとって成長へつながる大きな一日だったに違いない。(文・秋田義和)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

スコアをライブ配信中!日本プロ選手権リーダーボード
【ふしぎ発見】松田鈴英がペットボトルに乗せた球を打っているのはナンデ?
【ふしぎ発見】小祝さくらがボールに向かってパットするのはナンデ?
【LIVE写真】日本プロ選手権 撮れたて写真を現地からお届け!
松山英樹、小平智が出場!ザ・プレーヤーズ選手権 2日目の結果