ユリの花畑や落葉樹を見下ろしながらゴンドラで山頂へ!

写真拡大

色鮮やかなユリが50種類以上、30万株200万輪も咲き誇る「白馬岩岳ゆり園」。山麓からゴンドラリフト「ノア」に乗ると、約8分の空中散歩を経て山頂駅へ。標高1289mの山頂からは、360°の大パノラマで北アルプス白馬連峰の眺望とユリの花、白馬の街並みを見渡すことができる。約15分で散策できる散歩道や、アスレチックパーク、マウンテンバイクのコースなど、親子で楽しめるアクティビティを楽しもう!

【写真を見る】清らかな空気の中で白馬連峰と花畑の絶景を満喫!

■ 「ブナ林散歩道」で自然を満喫!

山頂にある「ブナ林散歩道」は、1周約15分ほどの気軽に散策が楽しめるトレッキングコースだ。木肌が美しいブナの林の中には、カサブランカなど、大輪の花をつけるハイブリッドユリの姿も見られる。木陰にはハンモックが吊されており、鳥のさえずりを聞きながら安らぎのひとときを過ごすのもおすすめ。

■ 子どもと一緒に楽しめる「ブナの森パーク」

自然探勝路「ねずこの森」の入口にある「ブナの森パーク」には、ツリーデッキやツリーブランコ、スパイダーネットなど、子どもに人気のアスレチック設備が充実。涼しい風が吹き抜ける森の中、思わず童心に返って遊んでしまう大人の姿も見られる。「ブナの森パーク」は入場料無料で、ペットも同伴可。

■ 多彩なコースが魅力なマウンテンバイクの聖地

近年人気が急上昇しているMTB(マウンテンバイク)のコースも完備。山頂から駆け下りる迫力満点のダウンヒルコースや、木々の中をゆっくりと駆け抜けるクロスカントリーコース、MINIクロスコース&デュアルパンプトラックなど、多彩なコースが用意されている。子どもや初心者でも楽しめるので、家族みんなで体験してみよう。

■ ワンちゃんたちも思わずニッコリの「わんわん広場」

「白馬岩岳ゆり園」は景勝地としては珍しく、ペットの同伴が可能。山頂には愛犬が遊べる施設も用意されていて、山頂の花畑やブナの林をペットと一緒に散策することができる。山頂には愛犬が自由に走り、遊具で遊べる「わんわん広場」も設置。広場に隣接するカフェレストランでは、愛犬の様子を見ながら飲食が楽しめる他、ペット用の飲み物やおやつも購入できる。

この夏はアクティビティ満載の白馬岩岳で、家族やペットと一緒に楽しい思い出づくりをしてみてはいかがだろうか?(東京ウォーカー・東京ウォーカー編集部)