「オリエント急行」を受け継ぐ列車も。
食堂に力を入れる「豪華列車」が続々登場!今注目の美食・食堂列車。

食堂車が消えたいま、食堂に力を入れる豪華列車や観光列車が続々登場!非日常感が味わえる、旅の新たな楽しみ方として人気を集めています。Hanako『食堂ラプソディ ひとりグルメのひそかな愉しみ』より、かの小説で有名な「オリエント急行」のエスプリを受け継ぐクラシカルな豪華列車をはじめ、国内外の食堂列車をご紹介。

軽井沢〜長野…〈ろくもん〉

真田一族の家紋「六文銭」から命名された列車は、軽井沢から上田を通り長野まで、信州の山間を走行している。水戸岡鋭治氏がデザインした車内には長野県産の木材が使われ、障子で仕切られた和の空間も。軽井沢〈こどう〉のオードブルや、長野のチーズ工房〈アトリエ・ド・フロマージュ〉のメイン料理が楽しめる洋食コースのほか、和懐石や信州ワインのプランがある。

〈ろくもん〉
洋食コースは軽井沢発の「ろくもん1号(14,800円)」で。食事なしのプラン(1,230
円〜)もある。予約は電話かウェブで。

ろくもん予約センター
■0268-29-0069 
http://www.shinanorailway.co.jp/rokumon/

ヨーロッパ…〈VENICE SIMPLONORIENT-EXPRESS〉

「ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス」は、開業当初のオリエント急行を
そのままに感じることができるクラシカルな列車。現在はベニスからパリを経由してロンドンまで定期運行し、年1回のイスタンブール特別運行も人気がある。

趣の異なる3つのレストラン・カーとバー・カーが設けられ、夜にはイブニングドレスやタキシードに身を包んだ乗客でにぎわう。

経由地の新鮮な食材を使った料理をいただけば、旅の記憶も色濃く残るだろう。

〈VENICE SIMPLONORIENT-EXPRESS〉
ベニス-パリ-ロンドン間を1泊で3月〜10月に定期運行。人気のベニス-パリで1人2,000英ポンド台〜。

マックスビスタトラベル
■https://www.belmond.com/trains/europe/venice-simplon-orient-express/

Hanako『食堂ラプソディ ひとりグルメのひそかな愉しみ』特集では、食堂列車を多数ご紹介しています。

(Hanako1156号掲載)