マッチングアプリを使ったことはありますか?


出典: https://www.shutterstock.com

かつては、恋活・婚活の場は合コンや婚活パーティーなどがメインでしたが、最近ではマッチングアプリに抵抗のない人が増えていると聞きます。

筆者も基本的には合コンで出会いを求めていましたが、現役婚活女子としてマッチングアプリも気になってはいました。そこで今回、複数のマッチングアプリに登録して体当たり取材を敢行しましたので、レポートいたします。

使用したマッチングアプリは、Facebookと連携していて信頼感のある『ペアーズ』および『Omiai』、米国発で海外セレブも愛用しているという『ティンダー』です。

 

■Facebookの広告でも有名な「ペアーズ」

まず登録したのが、2018年5月現在・会員数700万人超、マッチングアプリのパイオニア的存在の『ペアーズ』です。

Facebookの広告などでもよく見かけるので、登録したことがある方もいるかもしれません。

相手の条件を絞って効率よく探すことができますが、まずはアプリに登録している男性たちをチェックしたかったので、条件等をつけずに検索してみました。

 

■ルックス詐欺多し!?

イケメンで、さらに職業や年収、学歴等のスペックが高めの男性がたくさんいました!

驚いて、さっそく“いいね”(お互い“いいね”を押すとマッチングするシステム)を押して、何人かとデートしてみましたが、衝撃の結果が!

これまで3人に会ったのですが、マッチングアプリに登録している顔写真や身長と、実際の姿がかけ離れていた男性が2人……。

中には“身長180cm”とあったのに筆者(165cm)より身長が低い男性も。

プロフィール写真の時点で「加工してあるのかな?」と少々疑わしかったのですが、やはり……!という結果になりました。

ほかの2つのマッチングアプリと比較すると、10代〜20代の若い世代が多く、職業は外資系が多い印象(なんと会った3人中2人)でした。

 

■ヤリモク多し!?

ルックスはともかく、肝心なのはやはり中身! ということで、実際に会った3人がどんな男性だったのかを簡単にご紹介します。

・30歳(外資系証券マン)

プロフィール写真はかなりのイケメンでしたが、実際は……。しかし性格は真面目そうな印象でさらに高身長、職業も外資系とその他のスペックは個人的に高いと感じました。

・33歳(外資系銀行マン)

プロフィール写真はイケメンで、本人もイケメンでした。ただ、プロフィールには身長180cmと書いてあったのに、実際には165cm未満……。

しかも、ずばりヤリモク男子でした(泣)。なんとか逃げ切りましたが……。

・36歳(一流電気メーカー)

プロフィール写真はそこそこカッコいいかなという印象で、実際に会ってみてもプロフィール写真のとおりそこそこカッコよかったです。

いい人でしたが、おとなしすぎてこの先進展しなさそうな予感……。合コン要員になるかも?

と、3種3様で何ともいえない結果なのでした。

ただ、ペアーズを使っている友人から「ヤリモク男子が多い」と聞いたこともあるので、そこは要注意!

とはいえかなり多くの人が登録しているので、根気よく続けていればいい人に巡り会えるかもしれません。

 

■婚活よりも恋活?

今回、せっかく体当たり取材をしたので、ヤリモク男子はさておき、(会ってなくてもマッチングした人たちに)目的を聞いてみたところ……、婚活よりも“恋活”目的の人が多いと感じました。

恋活の人が多い理由として、“安心安全”がウリの『ペアーズ』は登録へのハードルが低く、マッチングアプリ初心者が多いこともあるのかなと思いました。

筆者は30代なので、同じ30代の男性と多くマッチングしました。しかし他のアプリと比較して40〜50代が少なく、20代をはじめとする若い層が多いことも恋活目的が多い要因の1つかもしれません。

もちろん、『ペアーズ』を介して結婚まで至ったカップルもいますし、婚活目的の方も多いと思います。あくまで筆者の肌感と、他のマッチングアプリと比較して感じた印象です。

 

今回は『ペアーズ』に実際に使ってみた体験談をレポートしました。『ペアーズ』の他に、婚活への本気度が高いといわれる『Omiai』、ライトユーザーが多くイケメン率も高いとウワサの『ティンダー』も突撃取材しましたので、追ってご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

【画像】

※ Roman Samborskyi/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】