春夏はビッグモチーフのアクセサリーがトレンド!
フリンジにレザー…バラエティ豊かな素材で楽しみたい!注目ブランドのピアス&イヤリング6選

フリンジやレザーといったバラエティ豊かな素材からなる、ビッグモチーフのアクセサリーを楽しみたい春夏。今回は、いま話題の6ブランドのピアス&イヤリングをご紹介します。

4つのカラーのフリンジを重ねたピアスは、カジュアルからドレスアップまでしっくりくる優秀アクセサリー。細やかな手仕事にこだわるNYブランドの新作で、全てインドで職人によりハンドメイドされている。8,500円(ディーパ グアナーニ)

暑い時季にはアクセでレザーを取り入れるという新発想。大きさや表面の柄が異なる葉っぱモチーフを重ねたクリップ式のイヤリングは、肩のライン近くまでくる存在感。ヌメ革のタイプもあり、使い込むうちに色味の変化も楽しめる。(両耳)18,000円(ザダラス)

ブルーに赤、ビビッドなビーズをあしらったピアスで夏らしさを演出しよう。イギリス人女性デザイナーによりNYで設立された〈ステラ アンド ルビー〉のもので、ストーンを使ったおおぶりアクセサリーも人気。ほかに白もあり。(両耳)各色6,600円(ビームス)

流行中のアクリル素材。NYコレクションの常連〈レイチェル コーミー〉の手にかかれば、ポップな幾何学モチーフのピアスに。ニュアンスのある色使いといい、クリアな質感といい、初夏にぴったり。左・21,000円、右・(両耳)16,000円(レイチェル コーミー)

シルバーのメタリックな素材感と、植物の種や実を思わせる有機的なモチーフとのギャップに萌える♡ サステイナビリティをコンセプトに掲げ2009年にブルックリンでスタートした〈エリン コンシダイン〉ならではのデザイン。35,000円(ギャルリー・ヴィー)

ラフィアは耳もとで取り入れる変化球を。トロピカルなフルーツモチーフを3つ、大胆にあしらったイヤリングは、注目のコロンビアブランドから。作り手のハイレベルなテクニックを堪能できる。21,000円(メルセデス サラザー)

(Hanako1156号掲載/photo : Kengo Shimizu text : Hiroko Yabuki)