単独首位をキープしているB・ジョーンズ(撮影:村上航)

写真拡大

<日本プロゴルフ選手権大会 2日目◇11日◇房総カントリークラブ 房総ゴルフ場(7,324ヤード・パー72)>
今季のメジャー初戦「日本プロゴルフ選手権」2日目。全選手が前半の競技を終えて、すでにホールアウトしているブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)が、トータル6アンダーで単独トップの座をキープしている。
【LIVE写真】日本プロ2日目の模様を現地から生配信中
2打差2位タイには昨年覇者の宮里優作、谷口徹、永野竜太郎、稲森佑貴ら日本勢のほか、2戦連続優勝を狙うY・E・ヤン、姜庚男(ともに韓国)が並んでいる。
首位と4打差から出た石川遼は、2バーディ・6ボギーと振るわず、トータルイーブンパー・20位タイに後退。2009年大会の覇者・池田勇太は、トータル1アンダー・12位タイでフィニッシュしている。
また、トータル25オーバーで後半をプレー中だったジャンボこと尾崎将司は、ラウンド途中で棄権。今季初戦の「中日クラウンズ」から2戦連続での途中棄権となった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

日本プロ 2日目のスコア速報
日本プロ 2日目のホールバイホール
松山英樹、小平智が出場 「ザ・プレーヤーズ選手権」初日の結果
ステップ・アップ・ツアー第5戦 最終結果
「散歩しに来ただけ」 ジャンボの初日は“嘆き節”のち“笑い声”