<ザ・プレーヤーズ選手権 初日◇11日◇TPCソーグラス(7189ヤード・パー72)>
ポンテベドラビーチ(フロリダ州)で開幕したザ・プレーヤーズ選手権。松山英樹と小平智が予選を通過するには残された課題がある。
2オーバーで第2ラウンドを迎える小平にとっては、まだまだ予選通過も可能だろう。サウスカロライナ、ヒルトンヘッドアイランドで行われたRBCヘリテージの優勝者である小平は、TPCソーグラスでのデビュー戦で3つボギーを叩いたものの、7番で8フィートのバーディーパットを沈め1つ取り戻した。
一方、松山にとっては試練が続く。世界ランク9位の松山は7オーバー、79で初日を終えた。最終7ホールのスコアが物語るように苦戦が続いた。PGA TOUR大会 5度の優勝を誇る松山は13番と16番でのボギー以外イーブンパーとしていたものの、17番の手強いアイランドホールで5ボギーとしてしまった。
1打目を池に打ち込み、その後3打目をドロップゾーンからバンカーに入れた。4打目はグリーンオーバーし、また池に転がり落ちてしまったため、難関のパー3で8打も叩いてしまったのだ。
PGA TOURシーズンでもこれだけ酷いスコアを出すのは松山にとって初めて。先週のウェルズファーゴ選手権の初日も77としている。
日本勢2人は下位に沈んでしまった。一方で、6選手が6アンダーでトップに並び、世界ランク1位のダスティン・ジョンソンがその中でも輝いている。ウェブ・シンプソン、アレックス・ノレン、チェッソン・ハドレー、2012年のザ・プレーヤーズ選手権の覇者マット・クーチャーそしてパトリック・カントレーもトップに名を連ね金曜日を迎える。
「歴史を誇る素晴らしい大会だね。フィールドには素晴らしい選手ばかりだからメジャーで勝つのと同じくらい大変だと思うよ。多分、どの大会よりも強い選手ばかりだね。あと、最終何ホールかに危険がひそんでいるからね」シンプソンは語った。「ゴルフの大会では最後にドラマが起こることが多くあるからね」。
「良いプレーがしたいよ」シンプソンはこうも語った。「ほかの大会と同じだけど、この試合は特別。これは僕たちの大会なんだ」
タイガー・ウッズは今日のラウンドのハイライトとして9番でイーグルを出しイーブンパーで終えた。一方、同組のフィル・ミケルソンは最終5ホールで3つのダブルボギーを叩き、結果7オーバーの79。今週世界ランク1位になる可能性を秘めているジャスティン・トーマスは1オーバーで初日を終えた。
同じく、世界ランク1位の座を奪取しようとしているジョーダン・スピースは最初の2ホールでボギーが先行し、3番ホールでイーグル、4番ホールではダブルボギーと不安定な出だしとなった。
昨年覇者のキム・シウは5アンダーとし7位タイにつけている。「今日のプレーはすごく良かった」とキムは言う。「最初の3ホールをプレーして自信がついたよ。全てが上手くいったと思う。最後3ホールで少しミスをしてしまったね。でもどんなミスかわかっている。修正して明日はもっと良いプレーをするよ」。(提供/PGA TOUR)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹、小平智参戦 米国男子リーダーボード
石川遼出場の日本プロリーダーボード
【写真】ほけんの窓口レディースからLIVEフォト配信
日本プロ情報をお探しなら特設ページへ
日本プロ会場からもライブで写真を配信