渋谷系チャラ男のエンタ芸人、今も月収100万円超のワケ

写真拡大

“渋谷系チャラ男芸人”ことお笑い芸人の慶(35歳)が、5月10日に放送されたバラエティ番組「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)に出演。「エンタの神様」(日本テレビ系)でプチブレイクしたものの、テレビから姿を消した現在の仕事や収入事情について明かした。

「エンタの神様」に出演していた当時、知名度は高まったものの、大忙し、とまではブレイクしなかった慶。ただ、毎週末は営業のためスケジュールを押さえられ、同じ事務所のピン芸人・にしおかすみこと一緒に各地を飛び回っていたそうだ。

そんなブレイクしきれなかった慶だけに、テレビでお目にかかる機会もほとんどなくなった今、悲惨な生活をしているのでは……と見られそうなところだが、実際には月収100万円超を安定して稼ぐ、非常に潤った生活をしているという。

慶には大きく2つの収入の柱があり、ひとつは「(今の)演者としての出方がスロット・パチスロ関係のお仕事。主戦場として。ライターというかチャライター的な」と、パチスロライターとしての仕事。その月収は60〜70万円ほどあるそうだ。

そして、もうひとつの柱が「出資なんですけど、オーナー業」。なぜそこに行き着いたのか、その理由について慶は「あれだけ事務所がいろんなチャンスをくれて、結果、あの戦場で売れなかった芸人なんで。あのときストイックにやってた芸人が、結果、一番いまも残ってると思うんです。ボクはダメだったんで、30歳になったときに、もう1回ネタを作るのか? でもネタを作って次のチャンス待つかって言ったら、たぶんできるじゃないっすか、芸人ってバイトしたら。『そこじゃない、ネタじゃない武器を』と思ったときに、ちょっとオーナー的なことやってみようかと思った」と経緯を明かした。

慶は養成所を出てすぐ「エンタの神様」に出演していたため、周りは先輩芸人ばかりで、当時まったく食事代のかからない生活をしていたこともあり、「貯金はしてました」と、後に投資に回すことになるお金をきっちり貯めていたそう。

そしてあるとき、「昔からの知り合いがボーイズバー、メンズキャバクラ(※気軽に遊べるホストクラブ)やるってことで、これチャラいな、チャラい匂いがプンプンしてんな、いいねぇ」というノリで、「(開業資金)出すよ、と。130万円くらいポーンと」出したのがオーナー業の始まりだったという。また、同じようなタイミングで「数珠もやったんです。数珠ブレスレットもチャレェな。石ハンパねぇ、パワーあるなって」と、プレゼンが熱かった昔からの知り合いの販売会社にも出資。

さらにそこから“キャバクラやホストクラブに料理を配達する飲食店”や“海の家”などさまざまな事業に出資し、「利益の何%」が報酬として得られるようにしたところ、現在の不労所得は50万円弱ほどになったと明かした。

パチスロライターの収入と合わせて、月収は110〜130万円が安定して入ってくるという慶。週替わりMCの杉原杏璃(35歳)は「一番しっかりしてるー。全然チャラくない〜」と感心した様子だった。