鮮やかな色柄が溢れる今シーズン。いち早く手に入れるべきは、ボタニカル柄やフルーツモチーフなど、トロピカルなムードが漂う個性派アイテム。一点投入で装いが華やかに!

淡いブルー地に映える真っ赤な花柄。

サイドでキュッと絞られたコードがさりげないアクセント。トップス¥29,000(ウジョー/ブランドニュース TEL:03・3797・3673) パンツ¥42,000(R13/ジャーナル スタンダード 表参道 TEL:03・6418・7958) サングラス¥18,000(ダブルラバーズ/スクリーンショット )

遊び心が光るバナナモチーフを発見!

メキシコの職人がハンドメイドしているピアスは、ゴールドの独特な輝きが新鮮。ピアス¥22,000(アンドラ ニーン/アメリカンラグ シー 新宿フラッグス店 TEL:03・5366・5425) キャミソール¥16,000(ボールジィ/トゥモローランド TEL:0120・983・511)

スタイルの主役になるボタニカルジャカード。

一枚で明るい印象に導くジャカードパンツは、ほどよいハリ感とクロップド丈で洗練されたシルエットが叶う。ラフなTシャツでルーズに仕上げるのが今っぽく見せる鍵。パンツ¥26,000(ミホコ サイトウ/エスティーム プレス TEL:03・5428・0928) Tシャツ¥32,000(プリスカベラ/ジャーナル スタンダード 表参道) ハット¥29,000(レナード・プランク) サンダル¥23,000(パロマバルセロ) 共にトゥモローランド

アッパーにあしらわれた大輪の花が決め手に。

着こなしのアクセントになる花柄サンダルは、ヌードベージュのマテリアルとコルクのチャンキーヒールが好相性。アンクルストラップつきで、安定感も文句なし。ヒール高9.5cm¥54,000(パロマバルセロ/トゥモローランド)

※『anan』2018年5月16日号より。写真・多田 寛(DOUBLE ONE) スタイリスト・番場直美 ヘア&メイク・岩田美香(mod’s hair) モデル・木村舞輝