パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり派遣先に就業に行く契約で、派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「なぜ派遣を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている亀山茜さん(仮名・32歳)にお話を伺いました。少し癖のある肩までの黒髪ボブに、白いニットワンピース、黒のストッキングにバレエシューズ風のペタンコ靴を合わせていました。薄めのファンデーションに、アイメイクとグロスだけ塗られたナチュラルメイクは、実際の年齢よりも幼く見えました。「本当は貯金をして、資格取得や自分磨きに使おうって思うのですが、いつも月末になるとお金が手元に残っていないんです」と言います。

現在は、ヨーロッパを中心とするファッションブランドやインテリアのライセンス商品をPRする企業で、総合事務として働いています。「周りがおしゃれな社員が多くて気後れしています」とも。

茜さんは埼玉県蓮田市で生まれ育ちました。建築会社で作業員として働いていた父と、クリーニング店の受付のバイトをしていた母、5歳年下の弟の4人家族です。

「母が凄く倹約家だったので、外食もほとんどしたことがなく育ちました。高校生の時に、都内へ遊びに行った帰りに同級生のお母さんがおしゃれなカフェに連れて行ってくれたんです。“こんなところに普段から行ったりするんだ”って羨ましく思った記憶があります」

子供の頃から家族で過ごす機会が多く、今も収入が少ないため実家で暮らしています。

「うちは蓮田市だったのですが、駅からバスに乗るような地域に住んでいたんです。家に車がなかったので、そんなに頻繁には遠くへ出かけたりはしなかったです。家族で都心に遊びに行くのにも、母が弁当を作ってくれて遠足みたいな感じでした」

他校に通う彼氏と一緒に学生でいたいために短大受験

裕福な家庭ではなかったため、子供の頃からお年玉やバイト代などは貯金をしていました。

「子供の頃は団地に住んでいたのですが、母が家を買いたいと思っていてずっと“節約節約”って言っていました。家の玄関に大きな貯金箱が置いてあって、親戚から貰ったお年玉とかそこに入れていました。貯金箱が満杯になったら、母が電化製品を購入する費用にしていましたね」

節約の甲斐もあり、小学校高学年の時に団地から今の一戸建てに引っ越します。高校に入学すると、休みの日はファストフードでバイトなどをして遊興費に使っていました。

「高校は地元の公立ではなく、大宮の方まで通っていました。通学は大変だったのですが、帰りに寄れる場所がいっぱいあったので、学校に行くのは楽しみでしたね。塾には通っていなかったのですが、同じ中学から都内の私立校に進学した男子が、大宮にある予備校に通っていたのを知っていたので、放課後は予備校の本屋に行って講義が終わるのを待っていたり。その彼とつきあうようになったんです。家に帰る時間が遅かったので、よく母から怒られました」

将来はネイリストや美容師などにも憧れましたが、大学受験をする彼氏に合わせて彼女も受験をしました。

「勉強はあまり好きではなかったのですが、高卒で就職するのも早いなと感じていたので、専門か短大に進学しようって思ったんです。彼氏が大学受験をするので、私も学生になりたいと思いました」

高校の先生に相談し、卒業生も進学していた都内の女子短大を受験します。

「美容関係の専門にいくか、短大の英文科に行くか悩んでいたら、母が専門学校の名前はよく知らないけれど、短大の方は聞いたことがある女子大だったので、受験を許してもらえました」

両親ともに高卒だったため、4年制大学と短大の違いをあまり理解していなかったといいます。

「入学をしてみたら、4年制の大学と短大が同じ校舎だったんです。見た目では短大生か4大生か、どちらかわからないのですが、他大との合同サークルなどで4大限定のものがあり当時から差別を感じていました。高校の頃の彼氏とは短大入学後別れていたので、周りには4大と嘘をついて合コンに参加したりもしていました」

高卒や専門卒よりも良い条件の就職ができると思って進学した短大。しかし、求人の少なさに失望します。

「短大1年の終わりから就活を始めました。4大宛にきている求人と比べると、短大がエントリーできる求人って少ないんです。マスコミとか“いいな”って思う企業は大卒じゃないと受けられなかったりした現実を知ってショックを受けました。周りは、4年制への編入の勉強をしている子もいたのですが、学科試験に合格する自信がなかったので就職一本でいこうと思いました」

短大卒のニートやフリーターになってしまう不安から、内定式後の秋以降にも通年採用や新卒採用を行なっている企業にさかんにエントリーします。

「なかなか内定が貰えなかったのですが、消費者金融の一般事務として就職が決まりました。母は消費者金融というとよいイメージがなかったみたいでしたが、入社する時に保証人が必要だったので、“今はきちんとした企業だ”と説得しました。あまりはっきりと消費者金融とは言いづらかったので、地元では“金融会社で働いている”とぼやかしていました」

放課後は駅前に行くだけで、他校に通っている友人たちと会えた。予備校やコンビニの前で話すのが好きだった。

体育会系の消費者金融で、雑務がつらくて退社!外資系PR会社で、社員と競って豪華なランチを食べる日々。〜その2〜に続きます