穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

◆「さやいんげん」のマクロビレシピ

いんげんのマスタード風サラダ

前回に続き、ベータカロテンやビタミンB群が豊富で疲労回復にも効果がある「さやいんげん」のレシピをご紹介します。

 今回は「さやいんげん」に、ジャガイモやトマトなどの野菜を組み合わせて彩りの良いサラダに仕上げます。マスタードを加えた豆腐マヨネーズがリッチな味わいで、他におかずがなくとも一品で立派なメインとなる実力派のサラダです。

 おいしいパンと一緒にサラダランチにいかがでしょうか?

» 旬の食材/「さやいんげん」の詳細

「さやいんげん」のマクロビレシピ

■材料
・いんげん:60g(1パック)
・ジャガイモ:約100g(中サイズ1個〉
・オリーブ:8個
・ミニトマト:8個
・お好みのハーブ:イタリアンパセリなど
・自然塩:2つまみ

[マスタードマヨネーズ]
豆腐マヨネーズ:適量
・マスタード:小さじ1〜2
・甜菜糖:適宜

・黒胡椒:少々

■作り方
(1) いんげんは自然塩少々を加えた熱湯で茹でる。
(2) ジャガイモは皮ごと蒸すか茹で、皮をむいた後に1cm角に切る。
(3) オリーブは縦に4等分する。ミニトマトは大きければ4等分の輪切りに、小さめであれば半分にカットする。


カットした材料。

(4) 豆腐マヨネーズとマスタードを合わせ、味を見て酸味が強ければ甜菜糖を加えて調整し、マスタードマヨネーズを作る。
(5) いんげん、ジャガイモ、オリーブ、ミニトマトに自然塩を加えて混ぜ合わせてから、(4)のマスタードマヨネーズ、黒胡椒を混ぜ合わせ、味をみて自然塩(分量外)で調える。器に盛り、好みのハーブを添える。


先に野菜に塩を加えておくと、味が締まる。

ハーブは刻んで混ぜ合わせても良い。また刻んだ玉ねぎを加えてもおいしい。

今回のマクロビレシピに
欠かせない食材はこれ!

» 自然塩

» 甜菜糖

撮影/秋元良平 http://ryohei-akimoto.jp | Facebook

文=中村恭子,撮影=秋元良平