LGBTの旗の色レインボーを身につけるのは今最もファッショナブル

写真拡大

【モードをリアルに着る! Vol.29/小林直子】

 アドワ・アボアがトップを務めるバーバリーの2018年の春夏コレクションは、2001年からクリエイティブ・ディレクターであるクリストファー・ベイリーの最後のショーとなりました。
 クリストファー・ベイリーが入る前のバーバリーは、アイコニックなトレンチコートで有名だけれども、モードとは呼びがたい、クラッシックなスタイルを提案するブリティッシュトラッドを代表するブランドでした。

 それがクリストファーが入った途端、少し退屈で、いつも代わりばえのしないものを作り続けていたバーバリーが、モードの最先端をいくハイブランドとなり、発表するコレクションは常に注目の的でした。

◆レインボーカラーを使うことが示すのは…

 そんなクリストファー・ベイリーが最後のコレクションで提案したのは、すべてのアイテムにレインボーカラーを使うこと。
 このルックのように衣服の上からレインボーカラーをペイントしたり、バッグや帽子、ストールに使ったりと、ありとあらゆるところにレインボーカラーは出現。そしてこのショーの最後に登場したのも、レインボーカラーの大きなマントを着たカーラ・デルヴィーニュでした。
 レインボーカラーは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)の尊厳とLGBTの社会運動を象徴する旗の色です。

 この色が意味するのは、人々の多様性であり、ファッションでこのようにレインボーカラーを使うということは、ファッションはLGBT運動を支持し、社会がより多様性を認めるように、LGBTの人々を支援していくことを表明しているということです。

 そしてこのレインボーカラーをペイントしたスカートをはいているのは、ミックスト・レース、つまり、人種のミックスであるガーナ系イギリス人のアドワ・アボア。この2つのことが意味するのはダイバーシティ、つまり人々の多様性であり、ファッションは、人々の多様性について支持、支援していく立場にある、ということです。
◆社会に対するアクションもファッショナブルであることに含まれる

 レインボーカラーのものを持つということは、それを持つ人もまた、人々の多様性を大切にするということであり、LGBTも含めて、積極的に認めていくつもりであるということを社会に対して表明することになります。

 そうして、この社会に対するアクションもまた、最もファッショナブルな行為であると言えるのです。

 ファッショナブルであるということは、ただ単に、最新流行のものを着るというだけではなく、社会をよりよくしていくための価値観を積極的に支援、表明することも含まれます。服は好きだけれども、社会のことなんてどうでもいいという態度は、決して本当の意味でファッショナブルとは言えないのです。

◆レインボーカラーを私たちが取り入れるには…

 さて、そんなレインボーカラーをバーバリーを買わずして、私たちはどのように取り入れたらいいでしょうか。
 それはさほど難しいことではありません。小さなバッジでも、スカーフでも、なんでもいいし、どこのブランドでも構わないので、スタイルのどこかにレインボーカラーのものを取り入れてみましょう。

 そのときに注意すべきなのは、形だけ取り入れる、ということはしないこと。レインボーカラーを取り入れるからには、自分なりにLGBTについて調べ、知識を得てからにしましょう。
 そしてもちろん、LGBTに対する理解を示し、人々の多様性を認める姿勢を貫くことが最も重要なポイントです。

 意味もわからないのに形だけ取り入れるという行為は、最も格好が悪いことです。何よりそれは知的なことではありません。