今回ご紹介する時短レシピは、あさりを酒蒸しにして、その濃厚な出汁を使って作るパスタ料理。加熱してから乾燥してあるクスクスだから、茹でる手間もなくスープを加えて数分ほったらかしておくだけでOK。スープにはショウガを加えて風味をアップ、ビタミンE豊富なオリーブオイルで仕上げます。

連休明け、疲れて家に帰ってもさっと作れます!

【あさりとクスクスの潮干狩り風】

材料(1人分)
・あさり(殻付き) 12〜15個
・クスクス 40g
・料理酒 大さじ1
・オリーブオイル 小さじ1
・おろしショウガ 少々
・粉末スープ(チキン、鶏がらなど) 小さじ1/4
・フェンネル(または、ディルやパセリなど) 少々 ※みじん切り。

作り方

1・鍋にあさりと料理酒、水(50奸砲鯑れて蓋をして火にかけ、2分ほど蒸し煮にする。あさりの口が開いたら火を止めて、あさりを皿に取り出す。鍋におろしショウガと粉末スープを加えて再び火にかけて煮立たせる。

あさりの個数は好みで増減を。

加熱し過ぎると身が固くなるので、あさりの口が開いたら取り出す。

2・耐熱の小鉢(または、耐熱ボウルなど)にクスクスを入れ、1のスープをクスクスと同量(40奸鵬辰┐討劼蛤ぜし、皿などでふたをして5〜7分蒸らす。オリーブオイルを加えて全体を混ぜてから皿に盛る。

クスクスは熱いスープを注ぎ、メーカー指定の時間蒸らす。

3・2の皿の上に1のあさりを乗せ、フェンネルを散らす。仕上げにオリーブオイル(指定外)を少々かける。

フェンネルなどハーブを添えれば香りも栄養もアップ。



■賢人のまとめ
身近な食材のあさりですが、実は貝類の中では100g中のビタミンB12の含有量がピカイチ!タウリンも豊富に含まれ、カリウムや亜鉛、鉄など女性に嬉しいミネラルもたっぷり。今回のレシピのほか味噌汁のように、うま味も栄養もたっぷりな煮汁ごと食べられる調理法がオススメです。

■プロフィール

時短レシピの賢人 はまだふくこ

 

料理ユニット「エフ アッシュbis」主催。美味しいもの探求家。

フリーランスのライターとして、飲食、ホテル、旅などのカテゴリで積極的に取材・執筆も行い、その経験も活かしながら、カフェ風アレンジ、時短レシピ、ホームパーティーメニューなど幅広いレシピ提案を行っている。