離婚の危機に浮気の予感…男性誌の「着回しストーリー」が想定外すぎる|辛酸なめ子

写真拡大

【いまどきの男を知る会 ファイルNo.12 男性ファッション誌】

 女性誌でたまに見かける「着回しストーリー」は、キラキラOLが主役となっていることが多いです。

 例えば最近だと『Oggi 6月号』。巻頭の最新アイテム紹介ページからストーリーが展開していて、「部下とランチミーティング。ツイードのクラス感で頼れる先輩らしさを出して」と素敵な写真にデキるOL風のモノローグが。

 また、「1cmヒール」の記事では、来日アーティストのライブに行ったり、プレミアムフライデーに友人とホムパをしたりと、リア充ライフが綴られていました。

『with 6月号』の「上品ベーシック派OL聡子の30日」では、損保OLとイラストレーターという二つの顔を持つ(非現実的な気も……)聡子が主人公。彼女は本当に幸運体質で、ソファでゴロゴロしていたらインスタのDMに仕事依頼が来て、女友達とピーチのカフェに行ったりイケメンとデートしている合間に仕事したらクライアントに褒められ、さらに密かに応募していたイラストのコンテストで大賞を受賞。そうこうしている間に彼からプロポーズされるという、素晴らしい人生を謳歌しています。

 基本的に、ポジティブなストーリーが多い印象。ストーリーが潜在意識に刷り込まれ、引き寄せの法則で運気が高まりそうです。フィクションなのに、<こんな適当に仕事してイラストなめんな!>とか苛立ってしまったら、幸運にあやかれません。

◆アルマーニのスーツで妻と今後の話し合い

 女性誌の着回しには憧れが詰まっています。ただ、男性誌の場合はひと味違うようです。ツイッターでも話題になった『OCEANS 6月号』の「部長びんびん“着回し”物語」は、想定外のストーリーでした。
 この“びんびん”物語というワードが刺さる年齢層がなんとなく予想できますが、主人公は40代後半と思われる、大手総合商社で繊維担当の部長職を務めるユースケ。現在は省庁管轄の業務に関わっている、と設定が具体的。仕事は順調なものの、妻と別居状態だそうです。

 そんなユースケのDay1は、口角下がりまくりの暗い表情で、離婚相談のため弁護士事務所を訪問。「足取りは重いけど、とりあえずブレザー羽織ってさ」と、自分に言い聞かせるようなモノローグが。

 Day3は娘が様子を見に来てくれて嬉しそうですが、Day8はエンポリオ・アルマーニのスーツで妻と今後の話し合い。友人の家に泊まってサーフィンし、出張に出るなど、家族関係以外は充実しているユースケですが、もしかしたらこんな風に自分の予定で忙しく、家族を顧みなかったのかもしれません……。

 Day13は霞ヶ関でのプレゼンの帰り、雨に降られて咄嗟にジャケットで部下(美女)をかばい、良いところを見せます。妻との話し合いに着て行ったハイブランドの27万円スーツよりもかなり安い3万4000円のジャケットだからできる行動なのかもしれません。実は計算高い男説が。

 Day18は「いきなりステーキ」でランチ。肉マイレージカードはゴールド、とまたもや設定が細かいです。Day23は雨宿りした部下のなつき(と、部下を名前で呼ぶのもどうかと思いますが……)から誘われ、うどん屋で食事。いい感じになっています。そしてDay30では突然、「決めた。カミさんに謝ろう」と思い、食事をして指輪をプレゼントしたらあっさり和解。また家族4人で暮らせることになりました。

……と、出だしは不穏でしたがハッピーエンドに。ただ、いい感じの部下と浮気しそうな予感もあり、また一波乱起こりそうです。

◆“男の嫉妬”を避けている?同情に訴えかける男性誌

 それにしても、暗い表情で、読者がこの服を買いたい気持ちになるのか、離婚の話し合いという設定に使われてブランド側は良いのか、ちょっと気になりましたが、親近感を持たせる効果はありそうです。

 男性ファッション誌の場合、キラキラしたりリア充すぎる設定だと、男の嫉妬や反抗心が芽生えるのかもしれません。「『スタイルあるね』は最高の褒め言葉」という、ディーゼルのページのモデルの表情もダウナー系で驚きました。全然褒められている感がない、うつむきがちで覇気のない目をしているモデル男性。最終的には椅子でぐったりしてかなり具合悪そうで、大丈夫か心配しました。

 女性誌が憧れで回っているとしたら、男性誌は、もはや服とか雑誌離れしつつある男性の同情とか庇護欲に訴える段階に来ているのかもしれません。

<TEXT&ILLUSTRAION/辛酸なめ子>

【辛酸なめ子 プロフィール】
東京都生まれ、埼玉育ち。漫画家、コラムニスト。著者は『辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」』(マキノ出版)、『辛酸なめ子の現代社会学』(幻冬舎)、『女子校育ち』(筑摩書房)など多数。