山口達也(46)の契約解除が発表されたが、TOKIOにとってはまだまだ茨の道が続くようだ。大打撃を受けたのは、山口が多く出演していた日本テレビだ。
 
「朝の情報番組『ZIP!』は降板がほぼ決定。しばらくして代役を立てるようです。『ザ!鉄腕!DASH!!』は4人だけでロケ再開となりそうです。じつは『幸せ!ボンビーガール』はすでに降板が決まり、劇団ひとり(41)さんが後任のMCに内定したようです」(別のテレビ局関係者)
 
その中で問題になってくるのはCM各社の対応だ。放送中止となれば、巨額の違約金が発生することになる。山口が単独出演しているCMはないが、TOKIOの5人で出演するCMが前述のとおり4本あるのだ。
 
「TOKIOのCM出演料は5人で1億円とされています。今後もしCMが放送できなくなると出演料を残りの契約期間で日割り計算して、その分を返済しなければなりません。またCM中止にともなう商品の回収があれば、その損失も請求されます。今回は最大で3億円ほどの違約金が発生する可能性がありますね」(広告代理店関係者)
 
この違約金についても、謝罪会見と同じく“連帯責任”になるという。
 
「出演CMのギャラは5人で分けますが、山口さんの起こした事件とはいえ、あくまでグループで出演していたCMですから、違約金も5人で分けて負担するのが通例になっています。一部のCMは4人での撮り直しが決まりましたから、その場合は山口さん1人が違約金を負担することになるかもしれません」(前出・広告代理店関係者)
 
山口がいなくなったMCポストは、早くも争奪戦が起きているという。
 
「『ZIP!』のMCには、大手お笑いプロダクションなどが早速営業をかけてきています。人気音楽グループのメンバーからの売り込みもあったと聞いていますよ」(テレビ局関係者)