夏の開放的なファッションを楽しみたい女心を悩ませるのが、汗&ニオイにまつわる問題。汗のコントール方法や、人にはなかなか聞けないデリケートゾーン、口臭の対処法も伝授します!

汗がニオうのは菌のせい!? 適切なケアで解決しよう。

ベタつくしニオうし、汗は悪者と思われがち。しかし実は、汗をかくことは体へのメリットがたくさん!

「体温の調節、肌のバリア機能を保つ、体内の不要物の排出など、汗にはさまざまな大切な役割があるので、汗をかかないのはよくありません。学ぶべきは、上手に汗と付き合い、いい汗をかけるようコントールする方法です」と、皮膚科医の馬渕知子先生。

とはいえ、ニオイの原因となる汗は、やっかいな存在なのも事実。そもそも、なぜ汗はニオうの?

「汗を分泌するのは、エクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺です。全身にあるエクリン腺から出る汗は99%が水分で、サラッとしていてほぼ無臭です。一方、ワキや性器など特定の部位にあるアポクリン腺から出た汗は、タンパク質や脂肪などを含んでいて、皮膚にいる常在菌に分解されることで独特のニオイを発生させます」

つまり、汗が臭くなる原因は汗そのものではなく、汗の成分や皮脂などをエサとする皮膚の常在菌の仕業。

「菌が好むのは、一日中履いた革靴など湿度の高い環境と、栄養分となる汗の成分や皮脂、角質などの老廃物です。これらの条件がそろえば、エクリン腺から分泌される良い汗でも、放置するほどに菌がどんどん繁殖し、イヤなニオイを発生させます。汗をかいたらすぐに、乾いたハンカチで拭き取れば、悪臭になる原因を減らせます」

では、汗自体をあまりかかない人は、ニオうことも少ないの?

「逆です。汗をかきにくい人は汗腺のろ過機能が低下し、水分以外のものを多く含んだ、ニオいやすい悪い汗が増えてしまう危険性があります」

「汗とニオイ」のセルフチェック。

自分の体臭は意外と気づきにくいもの。イヤ〜なニオイの発生源になってないか、セルフチェックしてみよう!

帰宅したら、その日一日着ていた服をビニール袋へ。 お風呂に入って体をキレイに洗う。 入浴後、ビニール袋の中のニオイを嗅ぐ。

それが普段、周りの人が嗅いでいる、あなたの体臭!

【ワキのニオイを知る方法】ラップをワキに密着させ3分後にラップのニオイを嗅いでみる。

馬渕知子先生 「マブチメディカルクリニック」院長。専門は内科、皮膚科。あらゆる科と連携し、人の体を総合的にサポートする医療を推進。食糧学院で理事および講師も務め、体の内外から汗とニオイの悩みにアプローチ。

※『anan』2018年5月16日号より。イラスト・黒猫まな子 取材、文・岡井美絹子 鈴木恵美

(by anan編集部)