前田敦子(左)と勝地涼

写真拡大

 元AKB48の女優・前田敦子(26)と俳優・勝地涼(31)の真剣交際が一部で報じられた。アイドル時代の恋愛禁止という鉄のおきてから解き放たれた前田は、これまで複数の男性との親密交際が取り沙汰され、人生を謳歌しているようだ。そこには“キーマン”と言える男が存在することを忘れてはならない。今回の恋の行方もどうやら、この男が握っているようで…。

 2人は、2015年にドラマ「ど根性ガエル」(日本テレビ系)で初共演したが、それ以前から友人関係だったという。約1か月前から真剣交際に発展。前田、勝地の事務所ともに、交際については肯定も否定もしていない。

「8日発売の写真週刊誌『FLASH』でも交際の経緯とともに、2人の姿を写真付きで報じています。4月中旬にも表参道で仲良く買い物デートをする姿が目撃されていました」(芸能プロ関係者)

 前田は12年にAKBを卒業後、女優に転身。最近も3月公開の映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」で主人公の妻役を演じ、好評を博したばかり。 

 一方、勝地は13年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で演じた個性派キャラ“前髪クネ男”が話題になった。かつては戸田恵梨香との交際を報じられたこともあり、なかなかのプレーボーイとして知られる。

「これまでも前田は、いろいろな男性と交際しています。アイドル時代は付き合えなかった分、楽しんでいるようです。人生経験を重ねれば、女優としても演技の幅も出てきますからね。フリーになれば、積極的に出会いの場を増やしているようです」(芸能関係者)

 そんな2人の間に恋のキューピッドとも言える存在がいる。共通の友人で俳優の柄本時生(28)だ。3月に勝地は、前田の出演舞台「そして僕は途方に暮れる」を観賞に訪れたが、実は柄本と一緒だった。

「前田は、柄本と本当に仲がいいんです。かつて英会話の練習相手として、自分の部屋に週2〜3回は呼んでいたこともあったほど。恋愛で悩んでいた前田から急に呼び出され、延々と愚痴を聞かされることもあったとか。男の気持ちについて、柄本に相談しているみたいですね」(別の芸能プロ関係者)

 前田は10年放送の初主演ドラマ「Q10」(日本テレビ系)で柄本と共演して以来、仲良くなったという。他に共演した高畑充希、池松壮亮を加えて「ブス会」を結成し、会食を重ねてきた。

「初主演という大役で緊張する前田を、この3人がリラックスさせてくれたのがきっかけです。『うちら全員ルックスが微妙じゃね?』という自虐的なところから会の名前がつけられました」(事情通)

 その中でも抜群の人の良さで前田をサポートしてきたのが柄本だった。

「柄本は、お手軽男子扱いにもかかわらず付き合ってあげるんです。恋愛がうまくいかず前田が荒れていた時期もありました。そんなとき『(前田から)連絡が来るのが怖い…』と周囲に漏らしながらも相談に乗っていたのです」(同関係者)

 勝地とは14年から消費者金融のCMでコンビを組む柄本。2人の熱愛成就も柄本のサポートが鍵を握りそうだ。