女優の前田敦子(26)と俳優の勝地涼(31)の熱愛が8日発売の「FLASH」で報じられた。同誌では勝地との早朝デート姿がスクープされており、交際は約1カ月という。

 2人は2015年にドラマ「ど根性ガエル」で共演、その後は共通の友人である柄本時生(28)を介して友人関係を築いていた。昨年春に報じられていたアパレル会社役員の男性と秋に破局したところに、映画「食べる女」(9月公開)で再び勝地と共演し、急接近。

 双方の事務所は「プライベートは本人に任せている」と交際を否定せず、2人の恋を好意的に捉えている様子。SNSでは勝地の芝居を見に行くなど、俳優としてリスペクトしている様子も。勝地は前田の“女優魂”に火をつける存在でもあるようだ。

 その一方で、業界関係者からは「大丈夫かな……」と前田を心配する声も聞こえてくる。原因は、かねてウワサされている勝地の酒グセだ。

「勝地は酒好きで知られ、六本木や麻布界隈で飲み歩く姿がたびたび目撃されています。酔うと気が大きくなるタイプで、演劇論をめぐってヒートアップし、役者仲間や先輩俳優と一触即発になったことも。本人もテレビで武勇伝のように語っています。その矛先は男に限らず、飲み会でいきなり真顔でキレて女性を泣かせるところを目撃されたこともある。また、本気か冗談か、すぐに女の子を飲みに誘おうとするため、彼を知る女性の間では『チャラい』ことでも有名です」(芸能ライター)

 もっとも、前田も12年に個室カラオケ合コンで泥酔し、俳優の佐藤健(29)にお姫さま抱っこで連れ帰られる姿を撮られた“黒歴史”の持ち主だ。国民的人気アイドルでさえ酒で身を滅ぼすご時世、2人とも注意した方がいい。