Appleが、円形(ラウンドフェイス)のApple Watch製造に活用可能な特許を取得しました。将来的に、円形のApple Watchが発売されるかもしれません。

円形ディスプレイで効率的に画素を配置する技術

現地時間5月8日に米特許商標庁(USPTO)が公開した情報から、Appleが円形のApple Watchを想定したと思われる特許を取得したことが明らかになりました。
 

 
Appleが取得した「Electronic device having display with curved edges(縁がカーブしたディスプレイを搭載した電子デバイス)」と題された特許は、円形のディスプレイにカーブしたガラスを組み合わせ、通常は四角形の表示画素を円形の本体に効率的に配置するための技術についてのものです。
 
この特許は、2015年12月に最初の申請が行われています

初代Apple Watch発売後に申請された特許

Apple Watchは初代から、多くの情報をコンパクトに表示するのに向いた長方形のディスプレイを採用しています。
 
しかし、円形ディスプレイを想定した特許が、初代Apple Watchが発売された約8カ月後に申請されていることから、Appleは将来的に円形のApple Watchを発売する計画があるのかもしれません。
 

 
Appleは数多くの特許を取得しており、その多くは実際に製品化されていないとはいえ、円形ディスプレイのApple Watchは新たなファンの獲得に繋がるかもしれません。
 
円形ディスプレイのApple Watchをイメージしたコンセプト動画も公開されています。
 

watchOS 5ではサードパーティ製フェイスも利用可能か

Apple Watchは、単体で携帯電話ネットワークに接続可能なモデルが追加されたApple Watch Series 3が好調で、発売以来の累計販売数は約4,600万本に達する、との推計も発表されています。
 
また、watchOS 4.3.1のコードから、サードパーティ製のフェイスが利用可能になることを示唆する内容が見つかっており、6月の世界開発者会議(WWDC 18)で発表が見込まれるwatchOS 5で実現する可能性があります。

 
 
Source:Patently Apple, 9to5Mac
Photo:Alcion Design
(hato)