一度失敗してるからなぁ

写真拡大

 高視聴率が計算できるお化けドラマといえば、「ドクターX」の右に出るものはないところが、主演の米倉涼子(42)のたっての希望で、今年はやらないことに決まったという。やっぱり、あちらが失敗しては元も子もないんだそうで。

 ***

 ストレスまみれのわれわれに、カタルシスは欠かせないのだろう。昔なら「水戸黄門」の印籠や「遠山の金さん」の桜吹雪。いまは大門未知子の「私、失敗しないので」である。

 大門とはテレビ朝日系のドラマ「ドクターX」のヒロインである外科医だ。決まり文句を口にして難手術を成功させるたびに視聴者はスッキリし、結果、昨年放送された第5期の最終回の視聴率は、連ドラは15%で大成功とされるなか、25・3%を記録。テレビ局は、それ以上に視聴者が続編を強く望んでいた。

一度失敗してるからなぁ

 ところが、米倉の所属事務所「オスカー」の広報担当者に聞くと、

「今年、『ドクターX』は引き受けないという話です。米倉が古賀社長と話し合い、年が明けてから“やらない”という方針が決まって、いまもその方向です」

 と明言。もっとも、

「“今年は”やらないことが決まっただけで、来年以降はわかりません」

 と含みをもたせる。代わりに何をやるのかというと、

「以前から“いろいろなことに挑戦してみたい”と言っていた子ですから、今年は心機一転の年でしょうか。でも、ほかの映画やドラマなどの話は何も決まっていなくて、新しい役を探しているところです」

「私生活を充実させたい」

 これほどの視聴率をとれる番組をやらないとは、どういう了見か。芸能デスクが事情を解説する。

「米倉は第3期辺りからやめたがっていたのに、5年も無理強いしたので、“もう十分じゃないか”という配慮もあるでしょう。視聴率が上がるにつれ、それを維持しなきゃという主演女優のプレッシャーが、何より辛かったと聞きます」

 では、米倉はいま、何をやりたがっているのか。

「去年、ブロードウェイでミュージカルに出たように、海外での仕事には興味があるようですが、彼女が常々語っているのは、そのことではありません」(同)

 もったいぶった言い方はそろそろやめてもらう。

「米倉は“私生活を充実させたい”と話します。つまり、彼女は再婚の望みを捨てていません。『ドクターX』の続編の話が出るたびに私生活の話が持ち上がったのは、“いまの環境では恋愛がうまくいかない”と思っているから。これだけ稼いでくれる彼女は、いまやオスカーの女帝的な存在感がある。しかも気が強く男勝りなので、事務所で彼女に強く言える人はいない。古賀社長でさえ気をつかっていて、恋愛を望んでいる米倉に、『ドクターX』の第6期は無理強いできなかったわけです」(同)

 私生活では、「私、失敗しちゃった」米倉。でも、決めゼリフを失って、婚活に失敗しないかしらん!

「週刊新潮」2018年5月3・10日号 掲載