どんなにクールな男性でも、多かれ少なかれ“マザコン”の気質があるもの。無意識のうちに彼女と母親を比べてしまう瞬間があると言います。

「それって、母性アピールが効果的だってこと?」

もちろん母親のような懐の深さは必要ですが、過剰にお節介を焼いてしまうと「母親かよ!」とうっとうしがられてしまうことも……。


出典: https://www.shutterstock.com

そこで今回は、20〜30代独身男性を対象に“LINE”に関するアンケートを実施! 思わず「オレの母親か!」と突っ込みたくなった彼女からのLINEをピックアップしてみましたよ。

 

■「○時までには帰るんだよ」「○○食べないとダメだよ」

「飲み会で遅くなると伝えたら、“明日も早いんだから、10時までには帰らないと体もたないよ”ってLINEが……。俺のことを心配してくれているのは分かる。でも、これだと母親とやりとりしているみたいでゲンナリする……。」(28歳/金融)

大好きなカレの行動が気になるからといって、「○時までには帰るんだよ」「飲みすぎないようにね」「ウコン飲んだの?」なんて母親のようなお節介を焼いてしまうと、男性にうっとうしがられてしまうかも。

男性は「どこ行くの?」「誰と一緒なの?」「何時に帰るの?」と細かく管理されるのを嫌う傾向があるようです。もっとカレのことを信用してみては?

 

■「また金欠になるよ」「無駄遣いしすぎじゃない?」

「ずっと欲しかった一眼レフを買った記念に彼女と旅行に行こうと思ったら、“また無駄遣いして”“金欠になるよー”とネチネチ言われてイラッとした。まるで母親にお小遣いの管理をされているみたいでね。」(27歳/IT)

カレの買い物したものに対して、「そんなモノ買ったの?」「お金の無駄じゃない?」なんて文句を言ったことはありませんか?

男性はあなたが思っている以上に傷つき、母親に対する反抗心に近い感情を抱いてしまうおそれが。お金に限らず、ダメ出しや上から目線のアドバイスにはご注意を!

 

■「○○やっておいたよ」「○○片付けておいたよ」

「“欲しいって言っていたシャンプーと靴下と下着、買っておいたよ”と日用品を買って写真付きで報告LINEしてくる彼女。ズボラな俺としてはありがたいけれど、そのくらい自分でやるよ……。」(31歳/メーカー)

今回のアンケートで男性たちがもっともウザいと感じた“まるで母親のようなLINE”は、なんと“やってあげたよアピール”であることが判明! 日用品の買い物をして「○○買ったよ」と写真を送ったり、カレの部屋を勝手に片付けてビフォーアフターの写真を送ったり。ここまでくると、確かにウンザリしてしまうかも……。

大好きなカレの手助けをしたい気持ちはわかりますが、もっとさりげない優しさの方が男性はグッとくるようです。何かしてあげたからといって、間違っても過剰なアピールはしないように……。

☆みんなの【LINEテク】をのぞき見!

カレのためを思ってしたはずの親切も、一歩間違えるとお節介になってしまいがち。恋愛を長続きさせるためには、二人が心地よいと感じる距離感をキープすることが大切ですよ。

【取材協力】

※ 20〜30代独身男性

【画像】

※ SpeedKingz/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】