<ほけんの窓口レディース 事前情報◇8日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,292ヤード・パー72)>
韓国の“セクシークイーン”ことアン・シネが、日本に戻ってきた。「ほけんの窓口レディース」で今季日本女子ツアー2戦目の出場となるシネ。この日は雨の中9ホールのラウンドをこなしたあと、福岡市内のブリヂストンゴルファーズストア福岡祇園でサイン&写真会イベントに参加。約50人のファンとふれあったあと取材に応じ、福岡名物を食しながらプレーで見せることを誓った。
【写真】情熱の赤をまとったアン・シネのセクシー&スマイルショット
「日本で見せるのは初めて」と、昨年まで明るい色に染めていた髪を黒くして、前髪を下ろして登場したシネ。オフに長期の合宿を行い、体重移動を使うスイングへの改造、1年間戦う体作りなどに取り組んできた。今季は日本女子ツアーの「KKT杯バンテリンレディス」、韓国女子ツアーの「KLPGA選手権」の2試合に出場したが、ともに予選落ち。「結果は思わしくありませんが、昨年よりショットがよくなってきている。ショートゲームが改善されれば、いい成績につながると思います」と、改造したスイングも徐々に馴染むなど、オフの取り組みに手応えを感じている。
昨年は日本女子ツアーに14試合出場したが、シード権獲得はならなかった。「日本と韓国の往復で万全の体調で挑めなかった」。体力面に課題が残った1年だったが、加えて「日本各地のおいしいものを食べ過ぎた」とおいしいがゆえに食べ過ぎによる体調管理にも苦しんだ。そのためトレーニングとともに食事制限も行った。「試合中はしっかり食べないといけないので。そのために体を作ってきた」と、福岡名物の「ラーメン、もつ鍋、ふぐ」は今から楽しみにしている。
もう一つの楽しみは、大勢のファンだ。初参戦の昨年から多くの声援を受けてきたが、思うような結果を残せていない。「たくさんの方々に応援してもらって、たくさんの愛情をいただいています。”アン・シネ”らしさを見せることももちろんそうなんですけど、それ以上にいいプレーをして、しっかり結果を出したいと思います。ファンの方々に会場に足を運んでいただきたいです」。“セクシー”だけでなく、結果にこだわってプレーでも魅了するつもりだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

アン・シネ 今週は破格の高額賞金大会に出場
【フォトギャラリー】アン・シネがセクシーウェアでトークショー
アン・シネの本音 「セクシーと呼ばれるのは…」
【女子プロ写真館】人気選手のプレー姿からオフショットまで満載!
【写真】全米女子オープン 最終予選会の様子も現地からお届け