恋愛が進展せずに“友達”で終わってしまうのは、無意識のうちに“友達止まりだと思われてしまう行動”をしているからかもしれません。

友達としての関係をいくら深めても、それだけではなかなか恋愛に発展しづらいもの。


出典: https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男性が「この子は友達止まりかも……」と思ってしまう言動をご紹介。恋を一歩進める“カギ”、見つけてみませんか?

 

■言動に色っぽさがない

普段の行動や何気ないしぐさの中に“色っぽさ”が感じられないと、“友達止まり”だと思われてしまうかもしれません。

足を広げて座ったり、頬杖をついたり、男性の会話に興味がなさそうな表情をしたり……。

そうした言動からは“色っぽさ”が感じられず、恋愛対象として見られにくくなってしまう可能性が。

恋愛関係に発展させるうえで、“異性”として見られることはとても重要です。せめて気になる男性の前では“女であること”を意識した言動を心がけてみるといいかも。

 

■恋が進展するチャンスを自ら放棄

関係を進展させるには、何らかの“きっかけ”が必要不可欠。

「ちょっと会えないかな?」「電話いい?」など、彼からの急な連絡は、恋を進展させる“チャンス”。

しかし、そこで「ごめん、明日は仕事だから……」「今ちょっと忙しいから」などと断ってしまうと、自らチャンスを“放棄”したことになってしまうので注意しましょう。

どうしても都合がつかない場合もあると思いますが、その場合は自分から埋め合わせの日程を取り付けるなど、“チャンスを逃さないよう努力する”のが、恋を一歩進める重要なカギかもしれませんね。

 

■好みや価値観が違いすぎる

“好み”や“価値観”の違いを示すような言動も、男性から「これ以上仲良くなれないかも……」と“友達止まり認定”されてしまいがち。

“ウソも方便”という言葉があるように、恋を進展させるためには、時には男性に合わせてあげることが大切です。

あまりにも好みや価値観が違いすぎると感じさせてしまうと、友達止まりの関係で終わってしまう可能性があります。

無理をする必要はありませんが、男性との距離を縮めたいのであれば、時には意見に“同調”してあげるのもいいでしょう。

 

もし、恋愛がなかなかうまくいかない……と感じる時は、男性に対して“友達止まりの振る舞いをしていないか”を振り返ってみるといいかもしれません。

もちろん男性と仲良くなることも大切ですが、友達ではなく“異性”として仲良くなれるように心がけるだけでも、男性のあなたを見る目が変わるかもしれませんよ。

【画像】

※ Dean Drobot/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】