仕事にプライベートに奔走する東京女子の毎日は忙しい。

そんななかで気になったのが、いま海外で注目されている「Fjaka(発音はFyaka = フヤカ)」というリラックス方法です。

クロアチア発祥。何も考えないでただじーっとするリラックス方法

marina123さん(@apartman_mara_zadar)がシェアした投稿 -

美しいアドリア海に囲まれたヨーロッパの国、クロアチア発祥の「何もしない」という意味を持つFjaka。

方法は、文字通り「何もしない」。何も考えず、ただじーっとするのです。

心と身体が解き放たれる究極のリラックス方法として、ローカルの人々の間で昔から親しまれてきました。

病気の治癒やRejuvenate(若返り)効果に加え、想像力や仕事の効率UP、セックスライフの向上まで期待できるのだそう!

さっそくFjakaに挑戦。何もしないって意外と難しい!

Denisehrさん(@denisehr)がシェアした投稿 -

私も、シャワーを終えてからベッドタイムまでの空き時間に、さっそくFjakaにトライしてみました。

いつもならこの時間、意味なくずっとスマホをチェックしていることが多いのですが、思いきって電源をオフ。

ストレッチもしない。明日の仕事の予定も考えない。いろいろな将来の不安や悩みも、いまは忘れる。

ただ頭を空っぽにして、ソファーの上に寝転がる…。

これが意外と難しい! 

それぐらい、普段から「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」とバタバタした毎日を送っているということでしょうか。

初めてチャレンジしてみたときは、10分間ですら何もしていないことが苦痛に感じられるほどでした。

でも、毎日少しずつ続けていると、無になる瞬間がだんだん心地よい感覚に。

忙しい1日をリセットして、すっきりとした頭で眠りにつけることが多くなりました。

忙しい生活から距離を置いて、心と身体をメンテナンスする時間

Evka Grigiさん(@calamity_eve)がシェアした投稿 -

普段は、仕事終わりはヨガやジムに行って、週末はショッピングや友人とのキャッチアップしてと、「何もしないでいる時間がもったいない」とばかりに、ついつい分刻みで予定を詰め込んでしまいがち。

だけど、毎日を全速力で駆け抜けているうちに、いつの間にか自分を見失ってしまっていることも。

Fjakaは、そんな忙しいライフスタイルから少し距離を置いて、自分を見つめなおすことのできる贅沢な時間。

心と身体のメンテナンスにとても良いのです。

テレビもネットもスマホも電源を切って、ただ自分が存在することだけに集中するFjaka。

何もしない時間にこんなにも癒されるなんて、大きな発見です。

写真/Visual Hunt

CROATIA WEEK, THE SUN]