10の質問でわかる【嫌なことを忘れない度】いつまでも忘れず、恨み続けるタイプ?

写真拡大

 あなたは人に嫌なことをされたら、どうしますか? すぐに忘れてしまう人もいれば、いつまでも忘れず恨み続ける人もいるでしょう。今回は、あなたの「嫌なことを忘れない度」を、診断テストで探っていきましょう。

 以下の中であなたに当てはまるものがいくつあるか、数えてみてください。

□人気の飲食店なら、行列に並んででも食べたい
□ショートケーキのいちごは最後に食べる
□人に嫌なことを言われたら、決して忘れない
□飲んで帰っても、メイクはきちんと落として寝る
□ダイエットをいつもしている
□スポーツジムの幽霊会員だ
□料理には、時間をかけたい
□長年愛用している化粧品がある
□ずっと片思いをしている相手がいる
□鏡をよく見る

 あなたはいくつ当てはまりましたか? さっそく結果をみてみましょう。

■0〜2個……嫌なことを忘れない度10% さっぱりしている
 あなたは、とてもさっぱりした人。もし誰かに嫌なことをされたら、一瞬腹を立ててその感情を言葉にし、相手にぶつけるかもしれません。けれど、言いたいことを言ったら、すっきりし、相手をずっと恨み続けることはありません。嫌なことをすぐに忘れてしまえるタイプでしょう。

■3〜5個……嫌なことを忘れない度30% 忘れるよう努力する
 あなたは、人に何か嫌なことをされても、黙って我慢してしまうようです。その場ですぐに言い返すことはありません。相手に言いたいことをぶつけられないので、少々ストレスがたまります。ただ、いつまでも嫌なことを覚えていても仕方がないと思うので、少し日にちが経ったら忘れるようにしているのではないでしょうか。

■6〜8個……嫌なことを忘れない度70% 意外としつこい
 あなたは、穏やかな性格で、人を恨み続けることはないようにみえるのかもしれません。しかし、ふと昔のことを思い出しては、あんなことをされた、こんなことを言われたと、恨みがましく思うことがあるのではないでしょうか? 嫌なことをされたら簡単には忘れない、意外としつこいタイプなのです。

■9〜10個……嫌なことを忘れない度90% かなり恨みがましい
 あなたは、嫌なことをされたらいつまでも覚えていて、腹の中に怒りをためています。口では「許す」「もう忘れた」と言っていても、決してそうではありません。一生忘れることはなく、ことあるごとにぶつぶつ文句を言ってしまうでしょう。恨みがましい自分が自分でも嫌になりますが、どうにもできず苦しむのかもしれません。

 嫌なことをいつまでも忘れず、ネガティブな気持ちを引きずっていると、精神衛生上よくありません。いい発散法を見つけて、できるだけ早く忘れるようにしたいものですね。
(紅たき)※画像出典/shutterstock