野村克也氏

写真拡大

6日放送、TBS「S☆1」では、元プロ野球監督の野村克也氏が、北海道日本ハムファイターズ清宮幸太郎に賛辞を寄せた。

デビューから5試合連続安打の高卒ルーキー新記録を更新した清宮。その第1打席、野村氏はまず初球を見逃した清宮に「腰が引けるかと思ったけど、逃げずに勇気出して立っている」と、見逃し方が良いと感心した。

清宮は8球目に内野安打で出塁。一見打ち損じたようだが、野村氏からは「逃げ腰で打ったらああいう内野安打は生まれない」「きちっと腰を引かずに打っているから内野安打になる」と再び称賛。さらに、「良いわ、これは」「将来の4番だね、間違いなく」と、賛辞が止まらない。

第2打席は凡退した清宮だが、野村氏はベンチに戻ってから手を叩いてチームを鼓舞していたことに注目。「ベンチでも一生懸命、自分がバッターボックスに入ったつもりで見ているような、こういう選手は見込みがある」と述べた。ベンチでの姿勢は大事で、選手を評価するうえで、「一番良いヒント」になるという。

一方、中田翔にはガムをかんでいることに不満を表し、さらに凡退したことで「エースと4番を見ればチーム力が分かる」と苦言を呈した。

だが、清宮には、第3打席でも「構えた型が崩れない」と再び賛辞。ただ、この打席は三振を奪われ、野村氏は相手チームが「追い込んだらワンバウンドか内側へ逃げる変化球」を狙っていると指摘。「そういう壁を一つひとつ破っていかないと」いけないと述べた。野村氏いわく、変化球への対応力がある選手は「大丈夫」なのそうだ。

最後に、野村氏は「バッターがプロで成功するかしないかというのは、当たり前のことだけど、選球眼」とコメント。そのうえで、「見逃し方が良い」という清宮を買っているとし、「力まず、崩れず、見逃しているから、将来性は十分あると思う」と、さらなる活躍に期待を寄せた。