菓子パンの魅力がここに。
おやつにぴったり。人気ベーカリーの甘いパン3選

おやつの時間にケーキやお菓子も良いけれど、あえて今日はベーカリーの甘いパンにしてみませんか?ちょっぴり小腹も満たしてくれる、絶品をご紹介します。

1.こだわり満載のチョコメロンパン〈BEAVER BREAD〉/日本橋

近隣住民が「いつものパン屋さん」として使う、飾らない雰囲気も魅力。

「カカオニブメロン」280円は、メロンパンにペルー産のカカオニブを入れる革新。甘さとカカオ感が同居する官能。

ビーバーがプリントされたショップバッグも人気なので、是非チェックしてみて。

(Hanako1150号掲載/photo : Kenya Abe, Mao Yamamoto (portrait) text : Hiroaki Ikeda edit : Kahoko Nishimura)

2.食べるのがもったいないラスカルパン〈Rascal Bakery by CHARABREAD〉/吉祥寺

『あらいぐまラスカル』の公式ベーカリー。ラスカルモチーフなど約30種類のパンが並ぶ。さまざまな表情のラスカルパン306円は、食べるのが勿体無くなるほどキュート!

2017年9月オープン。1階がベーカリー、2階がカフェ。

(Hanako1143号掲載/photo : Yoko Tajiri text : Emi Suzuki、No.1151掲載 )

3.北海道・十勝発、老舗ベーカリーのこだわりクリームパン〈満寿屋商店 東京本店〉/都立大学

十勝産小麦100%にこだわる同店は道外のファンも多く、プレオープンでは約400人が行列。小麦はキタノカオリや春よ恋など5種類。ほか、酵母や水まで十勝産だというから驚きだ。「同じ地で育ったものだからこそ、バランスのいいパンに仕上がる」と店長の杉山さん。

「あすなろクリームパン」180円(税込)は自家製のカスタード。デニッシュ類や2種のキッシュなど、東京限定のパンも必見!

帯広から来たスタッフたちは、個性ある小麦の扱いもお手のもの。約60種あるパンはどれも粉の香りが豊かで、噛むほどにぎゅっとうま味が広がる。あんぱんやコロッケパンなどのなじみの品も、一度食べたら忘れられなくなるはず。

(Hanako1128号掲載/photo:MEGUMI(DOUBLE ONE),Shinichi Yokoyama,Youichiro Kikuchi,Yuko Moriyama text:Etsuko Onodera,Wako Kanashiro)