戻れるものなら戻りたい。せっかく稼いだ&貯めたお金が水の泡……!そんな、お金の使い方を失敗した経験はありませんか? 今回は、聞くに聞けないお金の失敗談についてリサーチしてきました。

文・harako

【アンアン総研リサーチ】

結局、何も残らなかった

本題に入る前に、まずは「無駄遣い」の定義を聞いてみたところ……?

「ストレス発散で買い物をした時のお金は、イライラしている時に買っているので結局いらない物が多い」(31歳・専門職)「そこで使っても使わなくても、人生にあまり影響がないもしくは悪影響なお金の使い方」(32歳・専門職)「何も得るものがないお金」(29歳・専門職)「金額に見合わないお金を払うこと」(34歳・会社員)「買ったのに使わなかったもの。お金を払ったのに、身にならなかったもの」(31歳・自営業)「間違えたお金とか、罰金とか」(27歳・会社員)

「自分が求めているものが得られなかった」と後悔するお金だったり、「支払う意味がない」と感じる謎のお金だったりと、みなさんそれぞれの解釈がありますね。

92%が経験! 後悔したお金の使い方3つ

では、具体的にどんな場面でいくら使ったのか、項目別にわけてみました。

スキル・教養費

「彼氏がジェットスキーにハマっていたので、一緒に免許取得講習に通ったこと。講習を受けただけで、テストは受けに行っていません(彼氏は免許を取りました)」(27歳・会社員)金額 約6万円

「ある起業コンサルタントに20万円を支払った。サポートしてもらったものの、具体的にタメになるサポートはなく、まったく尊敬できるコーチじゃなかった」(31歳・自営業)金額 20万円

「株を始めてハマって大損」(34歳・会社員)金額 300万円

出ました〜!高額な損失……。自分の免許が取れるならばまだ良いですが、彼について行っただけは時間とお金が両方無駄になってしまったかもしれませんね。また、向上心の高いanan総研メンバーならではの、起業や投資での失敗談も。しかし、チャレンジしてみないことには、一歩は踏み出せません。この努力が報われることを信じたいものです。

美容・ファッション費

「痩せるエステを申し込んだが、効果なし」(34歳・会社員)金額 約25万円

「エステの全身脱毛のセットを、高いお金を出して組んだが全く効果がなし。医療脱毛のほうが効果があって安かった」(30歳・会社員)金額 30万円

「セール前日に買った服が、翌日半額になっていた」(28歳・自営業)金額 1万円

おおおおっ……。いつまでも美しくいたいという、女性の気持ちをジリジリと……! 筆者も、脱毛にはけっこう支払いました。ということは内緒にしておいて、自分が買った洋服の金額がすぐにプライスダウンしていると、すごく悔しい気持ちになりますよね(笑)、わかる〜!

趣味・交際費

「昔買っていたアイドルグッズ」(32歳・経営者)金額 約50万円

「とあるクマのシリーズを300以上集めていたときや、タレントのファングッズ、どちらも捨てる羽目になったので無駄遣いだった」(29歳・会社員)金額 約20万円

「合コンを何十回も繰り返した」金額 1回3,000円

そして、ひっそり自分だけが知っているであろう趣味のお金。アイドルグッズやぬいぐるみ、おもちゃ、確かにひとつの金額は小さくてもちりに積もれば大きな金額になりますよね。LINEスタンプとかも、すぐにダウンロードしちゃいますし……。あと、合コンという女性も(笑)。良いご縁がない合コンは、確かに何度繰り返しても意味がないのかも……。

返金されたら、旅がしたい!(熱望)

「もし、過去に使ったそのお金が戻ってくるとしたら、何に使いたいですか?」と聞いたところ、満場一致で「旅」を熱望しているようです。

「女子旅」(26歳・会社員)「貯金したい!のと、海外旅行に使いたい」(23歳・会社員)「航空券を買いたい(笑)」(27歳・自営業)「旅行する」(31歳・自営業)

新しい経験やこれから吸収することに使いたい。そんな意気込みが溢れ出ている「旅」意欲っ! ぜひ、ご利用は計画的に

©D-Keine/Gettyimages©Melpomenem/Gettyimages©supaneesukanakintr/Gettyimages©wundervisuals/Gettyimages