<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 最終日◇6日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,715ヤード・パー72)>
国内女子ツアーの今季メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」はついに最終日。メジャータイトルをかけた争いもいよいよ最終章へと突入した。
【関連写真】熱きプライドのぶつかり合いをリアルタイムフォトでチェック!
トータル5アンダーでトップを走るのは昨年の韓国ツアー賞金女王イ・ジョンウン6(韓国)。巧みなショットを武器に2位以下と4打差をつけて首位を快走している。昨年、韓国ツアーで挙げた4勝のうち3勝が首位からの逃げ切りと追いかけられる展開はお手の物。2015年大会で優勝したチョン・インジ(韓国)以来となる日本ツアー初出場での公式戦優勝は目の前だ。
ジョンウンを追いかけるのが昨年の日本の賞金女王・鈴木愛と09年の米国ツアー賞金女王である申ジエ(韓国)。くしくもマネークイーン経験者3人が最終組に入る展開となった。3人は9時40分に1番ティからスタートする。
鈴木は「最終組じゃなければ(優勝の)チャンスは無かったと思っているので、幸運だと考えています。敵は目の前にいるほうがいい。状況を見ながらプレーできます」と3日目に続くジョンウンとの直接対決を歓迎。「このコースでは4打差でもチャンスがあると思っています。すぐにダボやボギーが来るコース。ここまで来たら勝ちたいです」。日本の総大将としてやすやすと勝たせるわけにはいかない。
一方のジエも「チャンスはある」と語る。「このコースはとても難しい。我慢して我慢してチャンスが来たら攻めるというスタンスで臨みたい。相手ではなく自分との戦いになると思います」。最終日に滅法強いファイナルラウンドクイーンの目が鋭さを増した。
また、トータルイーブンパー・4位の比嘉真美子、トータル1オーバーの5位タイにつけるユン・チェヨン(韓国)、藤本麻子も虎視眈々と逆転を狙っている。
泣いても笑っても残りは最終ホール。“女王”のプライドをかけた18ホールが今、始まる―。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【連続写真】韓国賞金女王がベールを脱ぐ イ・ジョンウン6の最新スイング
日米の女王がドレス姿で「美」対決?前夜祭フォト
【練習場で発見】韓国賞金女王が高校時代から続けているパットドリルって?
類まれな練習量が生んだ伝家の宝刀 鈴木愛のパッティング【女子プロの匠】
天才が描く芸術作品 申ジエのアプローチ【女子プロの匠】