悪天候の影響で36ホール短縮が決定した(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ボランティアーズ・オブ・アメリカLPGAテキサスクラシック 2日目◇4日◇オールドアメリカンGC(6,475ヤード・パー71)>
悪天候の影響で初日の競技が中止となった米国女子ツアー「ボランティアーズ・オブ・アメリカLPGAテキサスクラシック」の2日目。この日も朝から強い雨が降り、スタートできたのは6時間遅れの現地時間午後3時30分。わずか12人しかホールアウトできずに順延が決定し、36ホールの短縮競技となることが決まった。
【LIVE写真】国内メジャーの模様を現地より生配信中
明日、現地時間5日(土)も濃霧が発生する予報となっているため、競技遅延の可能性を考慮した大会側は36ホールの短縮を決定。日曜日の夕方までに完走を目指し、競技が終わらない場合、月曜日への持ち越しを検討している。
6アンダー・暫定首位は世界ランク5位のパク・ソンヒョン(韓国)。2打差暫定2位タイに2016年大会覇者のジェニー・シン、キム・セヨン(ともに韓国)が続いた。日本で唯一出場している上原彩子は13ホールを消化して、2アンダー・暫定8位タイ。2週連続優勝がかかるリディア・コ(ニュージーランド)も同順位につけている。
競技短縮に伴って、今大会は予選落ちがなくなり、賞金は70位タイまでの選手に支払われる。第1ラウンドは現地時間5日の午前8時30分に再開予定。
【初日の暫定順位】
1位:パク・ソンヒョン(-6)
2位T:ジェニー・シン(-4)
2位T:キム・セヨン(-4)
4位T:サンドラ・ガル(-3)
4位T:ジェーン・パーク(-3)
4位T:オ・スヒョン(-3)
4位T:ダニエラ・ダルケア(-3)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ボランティアーズ・オブ・アメリカLPGAテキサスクラシック 暫定順位
松山英樹が出場 「ウェルズ・ファーゴ選手権」2日目の結果
「フェアウェイの真ん中にバンカー」上原彩子が警戒するニューコース
【写真】ミシェル・ウィーが大胆露出ウェアでポージング
【前夜祭フォト】韓国賞金女王がドレス姿を披露