若いころは気になっていたけれど、年齢を重ねるにつれて良い意味でどうでもよくなったことってありませんか? そこで今回は「女性陣が歳を取ってから気にならなくなったこと」についてご紹介します。

見た目

・ 「昔は部屋着でごみ捨てに行くことさえもできなかった。でもいまは近所のコンビニくらいなら余裕で行けちゃいます」(30代/接客)

・ 「20代前半までは1時間以上かけてメイクをしていたけれど、いまは15分でちゃっちゃっと済ませちゃいます。我ながらビックリです」(20代/IT)

▽ 「もし知り合いに見られたらどうしよう……」という思いから、少しのお出かけでもバッチリ決めていた人もいるのでは? オシャレして楽しい反面、「正直面倒くさいなぁ……」と思うこともあったでしょう。しかし歳を取るごとに、あまり見た目ばかりを気にしなくなったとの声が。家庭や仕事で忙しくなることで、深く考えすぎずに済むようになったのかもしれません。

友達の数

・ 「昔はやたら友達の数を気にして、たいして仲が良くない人にもSNSの友達申請をしていました。でもある日『こんなことして何の意味があるんだろう』と気づいたんです」(20代/医療系)

▽ 「いま思うと友達の数ばかりを気にして、ひとりひとりと向き合えていなかったなぁ……」なんて思うことも。どんなに友達が多くても、上辺だけの付き合いでは意味がありません。たった一人、自分のことを理解してくれる友達がいるだけで十分ですよね。

モテ

・ 「若い頃はモテることしか考えていなかったんですが、ことごとく失敗。アラサー独身のいまでは、『良い人がいたら結婚したいな』くらいの考えに変わりました」(30代/住宅)

▽ 漠然と「とにかく彼氏が欲しい!」「モテたい!」と思っていた若い頃。しかしながらそれもだんだんと考えが変わり、「好きな人から愛されなければ意味がない」と思うように。これもさまざまな経験から、大人になったことの表れなのでしょうね。

年齢

・ 「20代、30代の頃は『あと○年で30歳だ……』『もう40歳になっちゃう……』と年齢のことばかり考えていた。でもこの歳になると、『年齢よりも健康のほうが大事』という気になってきました」(40代/主婦)

▽ いままさに年齢が気になって仕方がないという人もいるはず。たしかにアラサー、アラフォーくらいの頃が、一番年齢に敏感になる時期なのかもしれません。でも40代、50代になるにつれて、あまり年齢に縛られなくなるそう。むしろ子育てなどがひと段落し、「若い頃にできなかったことにもう一度チャレンジしたい!」とパワフルに第二の人生に取り組む人もいるようです。

歳を取ることで得られるものもたくさんあるようです。「女性陣が歳をとってから気にならなくなったこと」は後半に続きます!