20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内のIT企業でテレアポとして働く小山あんりさん(仮名・31歳)。茶髪のマッシュボブに、ややつり上がった切れ長の瞳と、きめ細かい白い肌が印象的です。白の袖がフリルになったプルオーバーに、深緑のタイトなロングスカートを合わせています。黒のショルダーバックはよく見るとブランド物で、財布やキーケースもすべて黒のもので統一されていました。できる大人の女性といった雰囲気があるあんりさんですが、彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は奈良県で、両親と4歳下の弟との4人家族です。父親は観光関係の仕事をしていて、母親は専業主婦です。家族仲は良かったですよ。家は、貧しいことも裕福なこともなかったです。私、弟ともに大学まで進学させてくれましたから。私は大学を機に実家を出たんですが、進路も私に決めさせてくれたし、一度も反対されることもありませんでした。放任主義というわけではないと思いますが、『自分が決めたことに責任を持て!』という言葉が両親の口癖で、一度決めたことを他人のせいにしないように教育されていたと思います」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時に、1歳上の先輩と付き合いました。彼は中学から人気があった人で、ほぼ一目惚れでした。お互いに部活はしていなかったので接点が作れなかったので、最初は会ったら挨拶したり、電話をかけたり、アプローチを続けていたら、相手から告白してくれて付き合うことになりました。付き合ってからは、登下校を一緒にしたり、アルバイトも一緒の飲食店で行なったりとラブラブでしたよ。

でも、私が一時同じクラスの女子から無視されていた時期があったんですが、その時に彼にもその噂がいったみたいで、かばってくれることなく理由もなしに距離を置かれるようになり……。クラスでの無視は短期間で終わって、彼も元通りに接してきたんですが、それがすごく腹が立って。私から振ってやりました」

その後、大阪の大学へ進学。男友達の中であんりさんを取り合うバトルも勃発したほど、モテモテな学生生活だったと言います。

「大学を機に、大阪で一人暮らしを始めました。高校時代も地元から遊びに行ったりしている場所だったので、特に真新しいものもなかったんですが、終電を気にすることなく遊べるところがとにかくうれしくて、朝まで遊びまくっていましたね。

大学では仲良くしている男友達がたくさんできて、男女グループで行動していたんですが、その中で私のことを好きだと告白してきてくれた人が3人いたんです。私からするとみんな可もなく不可もなくぐらいだったので答えを保留していたら、どんどんそのグループ内の雰囲気が悪くなっていって……。そのうち女友達とも気まずい雰囲気になり、そのグループで行動することができなくなりましたね。3人ともあまりにもしつこいので、その中で1番タイプだった1人と付き合ったんです。でも、全然好きじゃなくて、一緒にいるのがしんどくてすぐに別れましたね」

就活時に出会った彼のため、大阪での内定を辞退

大学卒業間際にできた彼を追いかけて、卒業後に一緒に上京します。

「卒業間際の時に、同じ大学で好きな人ができたんです。彼とは就職のセミナーや就職に向けた学校の特別講習などがよく一緒になり、同い年なのにすごいしっかりしていて、辛い就職活動を支えてくれました。

好きだと思った時には、彼は東京に、私は大阪に就職先が決まっていました。その後告白して付き合うことになるんですが、付き合っていく中で、私の中で彼への気持ちが大きくなっていったんです。このまま就職したら遠距離になることがどうしても辛くて。なので、彼に内緒で内定辞退をして、東京観光に出かけると嘘をついて事務のアルバイトを見つけてきました。卒業間際になって、彼が家を探しに行くタイミングでカミングアウトをしたんです。彼はすごく驚いていましたが、うれしそうでした。家は私が3万ほど月に払うという約束で、少し大きな家に決めてくれて、上京を機に一緒に暮らすことになりました。彼とこれからもずっと一緒にいたいと思って上京したんです。でも、東京での生活はストレスばかりで、そんな辛さを埋めてくれたのは既婚者の彼でした。今はその彼の支えていくことに幸せを感じているんです」

一緒のカギを持ち、一緒の家に帰る。上京前に描いた同棲生活には夢がいっぱいだったそう。

熱い思いを胸に上京したはずなのに、ハマっていく既婚者との恋。自分が支えてあげなければと、彼に貢いでいくことを正当化し……。〜その2〜に続きます。