快適に過ごすために!旅先での「車中泊」の注意点とは?

写真拡大

 このゴールデンウィーク、車でのお出かけのときに一度体験したいのが車中泊。フルフラットにできるタイプの車なら、マットを用意すれば車内で安心して眠ることができます。そんな車中泊で、注意したいポイントをご紹介します。

●「エコノミークラス症候群」

「超実用!車中泊入門: クルマの中で快適に寝るためのノウハウを満載!」(地球丸刊)によると、飛行機の旅など、長時間同じ姿勢で座り続けるときは、足の静脈に血栓ができてしまう「エコノミークラス症候群」(ロングフライト血栓症とも)を防ぐことが重要だといいます。車中泊はもちろん、GW中の長時間ドライブでも注意したいですね。休憩地では必ず車を降り、屈伸や歩行などをして適度に体を動かしましょう。また、水分摂取も忘れずに。

●トイレと飲料水は確保!

 ソニー損保のコラム記事によると、駐車する場所選びのポイントとして、24時間利用できるトイレと水道施設、飲料の自動販売機などがあるところが最も重要とされています。万が一のときには携帯用トイレが活用できますが、女性ならやはり、トイレはチェックしておきたいですね。