日本共産党の志位和夫委員長は3日、加計学園の獣医学部新設をめぐって柳瀬唯夫・元首相秘書官が同学園の関係者らと面会したことを認める方向で政府・与党が調整に入ったと報道されたことについて、「この間明らかになった文書から見ても(柳瀬氏の面会は)二重三重に明瞭です。きちんと真実を語っていただきたい」と述べ、引き続き野党が結束して柳瀬氏の証人喚問を求めていくことを表明しました。東京都内で行われた憲法集会後、記者団に答えました。

 志位氏は、柳瀬氏が2015年4月2日に首相官邸で同学園関係者、愛媛県、同県今治市の職員らと面会した際に「本件は、首相案件」と述べていたことが愛媛県の文書によって明らかになっていると指摘。にもかかわらず柳瀬氏が「記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」とごまかし続けてきたことに対し、「“記憶を調整する”というのは変な話だと思います。記憶は記憶なのですから」と批判しました。

 柳瀬氏の国会招致の方法について問われた志位氏は、「(これまで)柳瀬氏の証人喚問ということを野党は要求してきています。引き続きこのことを求めていく」と強調。この間、野党側が柳瀬氏の証人喚問をはじめ4項目を求めてきたのに、政府・与党が「ゼロ回答」を続け、国会審議の前提を破壊する異常事態が続いていることを指摘し、「事態打開の責任は与党側にある。野党がしっかり結束してのぞみたい」と語りました。