8番でティーショットを放つ上田桃子

写真拡大

 「ワールド・サロンパス・カップ・第1日」(3日、茨城GC西C=パー72)

 雷雲接近の可能性があるため24人が競技を終了できなかった。強風の中、上田桃子が新海美優、三浦桃香と並んで2アンダーで暫定首位発進をした。吉川桃、小祝さくら、三ケ島かなら9人が1アンダー71で暫定4位につけた。

 上田は日没サスペンデッド寸前にぎりぎりホールアウト。最終9番は1・5メートルのパーパットがカップを1回転して外れ、ボギーとしたが「(後半)5番くらいから(今日中にホールアウト)いけるねという雰囲気が(組の中に)出ていた。2アンダーはこの風の中では上出来」とほっとした表情だった。