9番でセカンドショットを放つ三浦桃香

写真拡大

 「女子ゴルフ・ワールド・サロンパス・カップ・第1日」(3日、茨城GC西C=パー72)

 雷雲接近の可能性があるため24人が競技を終了できなかった。競技を終えた中では“ツヨカワ女子プロ”として売り出し中の三浦桃香(19)=フリー=が強風の中、3バーディー、1ボギーの2アンダー70でまとめ、上田桃子、新海美優と並んで暫定首位発進した。吉川桃、小祝さくら、三ケ島かなら9人が1アンダー71で暫定4位につけた。

 三浦は前半インの12番でバーディーを先行させ、15番でバンカーから寄らず入らずのボギーをたたいたが、その後も2つのバーディーを奪った。暫定とはいえ首位で初日を終え「今日は攻めるところと守るところがしっかりできました。優勝は無理ですけど、これからトップ10に2、3回は入って存在を忘れられないようにしたいなと思います」と話した。