雑貨店で素敵なマグカップを見つけると、ついつい手にとってしまいます。

実際に飲み物を入れて使うことはなくても、インテリア小物として部屋に置いたり、ペン立てなどの収納用品として使ったり。

「Ceramic + Leather」はまさにそれ。
イスラエルのデザイナーRoee Ben Yehudaさんが手がけた「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。

レザーをデザインに取り入れたマグカップって意外と見かけないですよね。

雑貨店で素敵なマグカップを見つけると、ついつい手にとってしまいます。いくつあっても困らないとはいえ、結局はお気に入りのひとつに落ち着くんですけどね。

それでも、飲みものを入れて使わなくたって、インテリア小物として、あるいはペン立てなどの収納用品として、用途はいくらでも。

で、このCeramic + Leatherがまさにそれ。イスラエルのデザイナーRoee Ben Yehudaさんが手がけた「レザー」と「セラミック」のバランスがいいんですよね。レザーをデザインに取り入れたマグってあまり見かけないでしょ?

「レザー」って水に濡らしちゃ
ダメだよね……?

ご覧の通り、通常あまりマグカップに使われることのないレザーがアクセント。カップの形はもとより、レザーの使われ方が異なる3種類。それぞれに“いい味”出してるでしょ?

ところで、レザーを食器用洗剤で洗ったり、そもそも濡らしたりして、劣化を進めないか不安なところ。やはりマグカップ本来の使い方ではなく、お部屋のインテリアとして利用するほうが長持ちしそうですね。

散らかりがちな小物の整理にちょうどいいサイズ感。ミニブーケを飾るなど、花瓶としても活躍してくれそう。

スプーンの代わりにターンクリップを噛ませてメモをはさみ、コップの部分をペン立てにすれば、便利なステーショナリーアイテムとして使えそうですよね。

デスクの上のアクセントとして飾っても存在感を放つCeramic + Leatherシリーズ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かんできそう。

キッチン棚に収納するんじゃなく、部屋で主張させたい“絵になる”マグでした。

Licensed material used with permission by Roee Ben Yehuda