【心理テスト】宿の予約が取れていなくてピンチ! どうするかでわかる周囲に与える悪影響

写真拡大

 楽しみにしていた旅行。ようやく旅館に着いたら、フロントで「予約は入っていませんが」といわれました。さあ、そんなときどうしますか? 今回は、あなたが周囲に与えている悪影響を心理テストで探ってみましょう。

【質問】
 ゴールデンウィーク。旅館に到着したら予約が取れていないといわれました。しかも満室です。あなたはそのとき、どうする?

A:何とかなると思ってそれほど慌てない
B:泊まるところがないとパニックになる
C:この後どうするか考えをめぐらせる
D:「そんなわけない!」とフロントの人にかみつく

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「あなたが周囲に与える悪影響」
 不測の事態がおきたとき、それに対するリアクションに、あなたの本質があらわれます。そしてそれが周囲の人たちにどんな悪影響を与えるか、診断します。

■A:何とかなると思ってそれほど慌てない……無責任な人と思われる
 あなたは根っからの楽天家のようです。何でもポジティブに受け止める傾向があります。それはとてもいい面もありますが、このような緊急事態ではどうでしょう。もう少しことの重大さをきちんと受け止めないと、周りに無責任と思われて、アテにならない人というレッテルを貼られてしまいます。

■B:泊まるところがないとパニックになる……仲間内でトラブルを引き起こす
 あなたは何でもネガティブなほうを想像してしまうタイプです。「予約したつもりだったけど……どうしよう私のせいだわ」と、どんどん悪いほうに考えが広がっていきます。そしてあなたの気持ちの動揺は周囲に伝わっていくのです。不安の輪はあっという間に広がり、さらなるトラブルの元になりかねません。

■C:この後どうするか、考えをめぐらせる……冷たい人と敬遠される
 あなたはとても冷静沈着な人です。突発的なアクシデントにも対応できるしっかりした性格です。けれどもその冷静さが、逆に冷たい人と思われ敬遠されることもあるのです。そんなときは1人で抱えこまずに、「ねえ、どうしようか」と、みんなに声をかけトラブルを共有することも大切です。

■D:「そんなわけない!」とフロントに人にかみつく……周りを萎縮させる
 予約が取れていないなんていわれて、確かにムッとしますよね。でも自分のほうにミスがなかったか、確かめる前に怒りだすのはどうでしょう。その場にいる人は、引いてしまうかもしれません。ちょっとしたことでキレやすい性格、と思われて周りの人を萎縮させることにもなりかねません。

 突発的な事態が起きたとき、どういう態度を取るか。人は案外見ているものです。冷静さを心がけ、常に周囲の人のことも考えながら行動したいですね。
(望月アンシア)※画像出典/shutterstock