デート中のスマホはトラブルの原因になりやすいもの。いつものデート中、彼女がスマホに夢中でテンションが下がった…そんな男性たちの体験談をご紹介します。

■誰とやりとりしてんの? デート中のLINE

「デート中のLINE通知に毎回反応する彼女。律儀に返してるけどそのたびに俺のテンション下がってます!いつか“今返さなくてもいいんじゃない?”と彼女に言ってみたら、“今返さないと忘れるから”と普通に断られました」。(22歳/アパレルショップ勤務)


出典:shutterstock.com

デート中のLINEは彼氏にとってNG行動の1つ。断りもなく当たり前のように返信していると、彼氏のテンションはどんどん下がってしまいます。

■ストーリーでデートの愚痴を実況中継

「ふと彼女のスマホを見たときに、ストーリーでデートの愚痴を実況中継されていた…ちょうど見えた投稿が“デートプラン変更により、おニューの靴がドロドロ。次はラーメン屋行くって言ってるけど、今日の服白っていう”でした。デートを楽しんでるように見えたからショックが大きい」。(25歳/医療機器メーカー勤務)


出典:shutterstock.com

一見楽しそうな彼女の本音が見えてショックを受けた男性の体験談。彼氏に言えない本音を吐き出す行動とも考えられますが、彼氏に見られたときのリスクも忘れずに! 

■FXの動向をチラチラ見てる

「彼女は最近始めたFXの動向が気になるようで、デート中もスマホをチラチラ。自分はFX関連の知識が全くないから理解できないけど、デート中でも真剣にスマホをチェックする姿を見ると悲しくなります」。(32歳/介護施設勤務)


出典:shutterstock.com

時間が勝負のFXではありますが、デート中まで真剣になっていると彼氏が悲しい気分になることもあるようです。

■グーグルマップのナビを読み間違える

「ドライブデートの前、“私がグーグルマップでナビするから安心してね!”と自信満々の彼女でしたが、左右の読み間違えが何度もあって…さすがに3回目には“ちゃんと確認して!”と強めに突っ込んでしまいました」。(25歳/警備会社勤務)


出典:shutterstock.com

自信満々からのミス連発、という落差にテンションがだだ下がりになった男性の体験談。運転する男性側をサポートする立場なら、きちんと確認して読み間違えを防ぐ努力が必要です。

■ポップアップ表示の芸能ニュースで会話を遮る

「彼女がハマっている俳優の芸能ニュースがスマホに表示された瞬間、ニュースの内容で会話を遮られました。別に大切な話をしてたわけじゃないけど、俺はファンじゃないし温度差を感じて…テンション下がるなって」。(25歳/銀行勤務)


出典:shutterstock.com

彼女的にはビッグニュースだったとしても、彼氏が共感してくれるとは限りません。彼氏との話が落ち着いてからニュースの話題を持ちかけるなど、タイミングによって彼氏側の受け取り方が変わってくるでしょう。


出典:shutterstock.com

スマホにのめり込みすぎて、彼氏にうんざりされてしまったりせっかくのデートを台無しにしてしまう状況は避けたいものです。デート中のスマホあるある回避法は、彼氏の立場になって考えてみること。ちょっとした彼氏への気遣いがトラブル回避につながるかもしれません。